エネルギー消費を抑えて、浪費社会を脱しなければ、
持続可能な社会は築けない

(原発のウソ 小出裕章著から抜粋)

私たち日本人は、『使用している電気が本当に必要か』を、真剣に考えなければなりません。

人工衛星から夜の日本を見ると、不夜城のごとく煌々と光を放っています。

建物には、自動ドアがあり、エスカレーターやエレベーターがあります。

冷房をきかせて、夏だというのに長袖のスーツで働きます。

そして、電気を大量に使って野菜や果物を作り、季節感のなくなった食卓を彩ります。

もし安全な地球環境を子孫に引き渡したいならば、まずはエネルギー消費を抑えなければなりません。

今までの「浪費社会」を変えなければ、持続的な社会は築けないです。


原発は要らない 目次に戻る