福島で甲状腺がんの子供が出始めた

(毎日新聞2013年2月14日から)

私は福島原発の事故発生後ずっと、「今回の原発事故によって、甲状腺がん等の病気が、
相当数出てくるだろう」と考えてきました。

残念な事ですが、ついに具体的なかたちで病気が現れてきました。

以下は、毎日新聞の記事からの抜粋です。

福島県の甲状腺検査で、新たに2人が甲状腺がんと診断されました。

昨年9月に判明した1人と合わせて、合計3人になった。

他に7人が、甲状腺がんの疑いがあると診断されました。

7人は、約8割の確率で甲状腺がんの可能性があるという。

疑いのある者を含めた10人の内訳は、男性3人、女性7人。 平均年齢は15歳です。

原発周辺の13市町村の3.8万人の中から見つかった。

子供の甲状腺がんの発症率は、「100万人に1人」が通説です。

鈴木真一・県立医大教授は、チェルノブイリ原発事故では最短で4年後に発症したとして、
「元々あったものの可能性が高い。(原発事故との因果関係は)考えにくい。」と語っています。

一方、北海道がんセンターの西尾正道さんは、
「チェルノブイリ原発事故では4〜5年後から甲状腺がんの増加が認められたが、それは検査を実施したのが4〜5年後からだっただけで、もっと早くから発症していた可能性もある」と言います。

○村本のコメント

本来だと100万人に1人の病気が、3.8万人の中で最大の場合10人に発症しているのだから、どう見ても原発事故の影響でしょう。

これを「原発事故と関係ない」と言える鈴木さんは、まともな感覚ではありませんよ。
「見たいもの以外は見ない」という、原発村の村民の方々が発症している病気に、かかっています。

つらいのは、甲状腺がんの原因は「放射性ヨウ素」であり、今からがん予防の対策をしようとしても出来ないことです。

福島の子供たちは、チェルノブイリ近くにいた子供たちと同じく、これから何十年間も甲状腺がんにかかっていないかを、定期的に検査しないといけません。

もう原発は、卒業しましょう。


原発は要らない 目次に戻る