加速器実験施設「J−PARC」で、放射能漏れと被曝事故が起きる

(毎日新聞2013年5月26日から抜粋)

加速器実験施設「J−PARC」(茨城県の東海村にある)で、放射能漏れと被曝事故が起きました。

事故を起こしたのは、「ハドロン実験施設」です。

加速器で加速させた陽子線を、標的に衝突させて、ニュートリノなどの粒子を発生させている。

衝突では、目的外の物質も多数生じてしまう。

今回の事故は、標的である金に、予定よりも400倍の陽子線を照射して起きたらしい。

このため金が蒸発してしまい、放射性のナトリウム、ヨウ素、テルルなどが生じた。

施設内の放射線量が上昇したため、排気ファンを動かして、室内の空気を強制的に排出しました。

そのため、放射性物質は施設外にまで飛散した。

東海村では、福島原発の事故後、村上達也・村長が「脱原発」を宣言しました。

そして代わりに、世界最先端の研究拠点を目指す「TOKAI原子力サイエンス・タウン構想」を打ち出した。

その柱にしているのが、J−PARCだ。

J−PARCは2009年に、1524億円をかけて、第一期の計画が完成した。

東京ドーム14個分にあたる65ヘクタールの敷地に、3台の陽子加速器などを配している。

実験装置の一部を茨城県が専有し、企業に有償で開放する珍しい施設でもある。

J−PARCの加速器は、最高500億電子ボルトと、エネルギーが桁違いに大きいです。

当面は、全ての実験を中断する事が決定しました。


原発は要らない 目次に戻る