福島原発事故G 汚染水の放出

(2011年4月5日の47NEWS、どうしんウェブから抜粋)

東電は2011年4月4日に、「汚染水11500トンを海に放出する」と発表しました。

午後7時すぎから放出を始め、数日間は続く見込みです。

放出する汚染水は、「低レベル」としているが、濃度は最大で法律で定められている基準濃度の500倍です。

11500トンのうち、1万トンは集中環境施設という廃棄物処理建屋にたまっている水です。

残りの1500トンは、5&6号機の建屋付近にたまった地下水です。

これらの水に含まれる放射性物質は、1立方cmあたり最大で20ベクレル。

ちなみに2号機建屋の高濃度汚染水は、1立方cmあたり1千万ベクレル以上です。

この放出は、高濃度の汚染水が大量にあるため、保管場所を確保するための措置です。

2号機の取水口近くにある作業用の穴(ピット)からは、高濃度の汚染水が漏れており、海に流出しています。

4月2日に採取した海水からは、法令の濃度限界の750万倍になる1立方cmあたり
30万ベクレルのヨウ素131が検出されました。

東電は4月5日に、隙間を特殊な薬剤で埋める作業を始めました。


原発は要らない 目次に戻る