福島原発事故F 汚染水の流出

(2011年4月5日の47NEWS、どうしんウェブから抜粋)

2号機の取水口近くにある作業用の穴(ピット)からは、高濃度の汚染水が漏れており、
海に流出しています。

2011年4月2日に採取した海水からは、法令の濃度限界の750万倍になる1立方cmあたり30万ベクレルのヨウ素131が検出されました。

東電は4月5日に、隙間を特殊な薬剤で埋める作業を始めました。

(2013年9月22日付 東亜日報から抜粋)

日本気象庁・気象研究所の青山道夫さんは、2013年9月18日に、IAEAのフォーラムで報告をしました。

その報告によると、2011年3月26日〜4月7日までの13日間は、セシウム137が毎日100兆ベクレル(トータルでは1300兆ベクレル)海に流出した。

現在では、セシウム137とストロンチウム90が、それぞれ毎日300億ベクレルずつ流出しています。

ただし、海洋の海水は1リットルあたり1ベクレル以下になっている。
海水による希釈のためです。

東電は2011年4月に、
「1〜6日に、高濃度汚染水が520トン・4700兆ベクレルも漏れました。」
 と明らかにしています。

放射性物質の放出基準値は、ストロンチウム90は1リットルあたり30ベクレル、
セシウム137は1リットルあたり90ベクレルです。

(毎日新聞2013年3月4日から抜粋)

東電は2011年6月に、冷却水の循環システムを完成させました。

(だが、格納容器に損傷があるので、一部は漏れ出しています)

福島第1原発には、雨水と地下水が1日に400立方メートル(=40万リットル=400トン)流れ込んでいます。

東電は、放射性物質を集める能力のある、汚染水浄化装置・アルプスの導入を目指しています。

東電は1月末に、「アルプスで放射性濃度を下げ、海に放出したい」と発表した。

ただし、アルプスはトリチウムは除去できません。

地元の漁協らは、新たな汚染を警戒しています。

2号機では、2011年4月に、4700兆ベクレルの汚染水(520トン)が海に流出しました。

11年5月にも、3号機周辺から、20兆ベクレルの汚染水(250トン)が流出しました。

2号機付近の海水は、2012年末に最大で313ベクレルを記録しています。

13年2月には、港湾内のアイナメから51万ベクレルのセシウムが検出されています。


原発は要らない 目次に戻る