福島原発事故H 核燃料について

(毎日新聞2013年3月4日から抜粋)

福島第1原発には、1〜3号機の原子炉内には合計1496体、1〜4号機のプール内には合計3106体、の燃料棒がありました。

プールでの内訳は、1号機プールに392体、2号機には615体、3号機には566体、
4号機には1533体です。

燃料棒の1体の重さは、250kgです。

燃料棒の取り出し(回収)で先行しているのは、4号機プールです。

2012年夏に2体を試験回収し、13年11月にも本格的な回収を始めます。

原子炉内にあった溶けた核燃料は、回収は難しい。

容器内の放射線量は、1号機では最大で毎時11シーベルト(1.1万ミリシーベルト)で、人間は近づけません。

ロボットによる除染をしない限り、作業員は近づけない。

東電は、格納容器の上部に遠隔操作のクレーンを設置して、それで核燃料を回収する方針です。

東電の高橋毅さん(福島第1原発の所長)の話

「3号機周辺の線量は高く、作業が遅れている。

 今後は、『汚染水を処理しながら、格納容器の損傷部を見つけて修復をし、溶けた核燃料を
 取り出す作業』が待ち受けている。」


原発は要らない 目次に戻る