甲状腺がんになる子供は、さらに増えている(2015年11月)

1週間ほど前に、福島原発事故後に増えてしまった「小児甲状腺がん」の近況について、
ネットで調べました。

大手メディアがぜんぜん取り上げないので、ここ1年くらいの動きについて、ネット情報を収集したのです。

すると、報道されていないだけで、被害は確実に拡大している事が分かりました。

私が集めた情報をここで紹介します。

 (以下は、ネットのいくつかの記事からの抜粋です)

2015年8月31日に公表された福島県民の調査報告書では、
小児甲状腺がん及びその疑いのある子供は、137人となりました。

(この数字は、原発事故後の検査で見つかった総計です)

137人のうち、手術を終えたのは105人で、良性結節だったのは1人のみ。

104人は悪性(つまり癌)だった。

重要なのは、137人のうち23人は、以前の検査ではA判定(問題なし)だった事です。

つまり、ここ1〜2年で結節やのう胞ができた。

2015年6月30日の時点で、福島県では2193人に1人の子供が「甲状腺がん及び疑い」になっている。

川内村では280人に1人、湯山村では515人に1人の割合。

「甲状腺がん及び疑い」の子供は、2013年12月31日には74人だったが、
14年6月30日には103人となり、どんどん増え続けている。

2008年の福島県では、小児甲状腺がんになった子供は1人もいなかった。

2015年8月25日に茨城県の北茨城市が発表した甲状腺がんの検査結果では、
3人の子供が甲状腺がんと診断されました。

同市の子供4777人から3人なので、1592人に1人の割合です。

同市は、茨城県の北東部にある。
そして土壌からは高濃度のヨウ素129が検出されている。

生産されたホウレンソウのヨウ素131の測定(2011年3月後半)では、
福島県よりも茨城県の方が濃度は高かった。

2015年7〜10月の千葉県柏市の甲状腺検査では、199人のうち11人がC判定
(二次検査が必要)となりました。

津田敏秀教授(岡山大学院)は、2015年10月6日に発表した論文で、

「原発事故時に18歳以下だった福島県民は、調査の結果、甲状腺がんの発生率は国内平均の20〜50倍に達している」と報告しました。

津田

「調査した約37万人を分析した結果、二本松市、本宮市、三春町、大玉村では50倍に
 達し、郡山市で39倍だった。

 事故直後にヨウ素剤を飲ませておけば、発生は半分くらいに防げた。

 放射性物質の放出量は、チェルノブイリの10分の1と公表されたが、もっとあったと
 考えざるを得ない。」

○村本のコメント

千葉県柏市の場合、甲状腺のエコー検査をすると、自己負担額は4〜5歳は5200円、
6歳以上は3820円です。

福島県の近くでここまでがん患者が出ている以上、近隣県では無料で25歳くらいまでは全員が検査をした方がいいです。

国が支援をしないといけない。

被害は、明確な数字でもって証明されています。

目をそむけて逃げ続けるわけにはいかない。
福島原発や放射能汚染を忘れて、東京オリンピックに意識を向けるのは、根性なしのする事だ。

『日本人はきちんと現実に向き合えるのか(根性なしなのかどうか)』が、いま試されています。

チェルノブイリよりも事故規模が大きかったのだから、放射性物質の放出量も多いに決まっている。

「海に落ちた量が多い」とか「港湾内でブロックされている」とかの言葉で、油断してはいけません。

もっとメディアも取り上げる必要がある。

チェルノブイリ事故では、甲状腺がん以外の被害も多発しています。

事故後に生まれた子供たちは、病弱な体質が多い。

日本でもそうなるはずだが、彼らを切り捨てるつもりなのか?

このままだと、子供達の苦しみは無視され、切り捨てられてしまう。

福島への帰還を急がせ、原発の再稼働を進める、安倍政権(自民党+公明党)。

彼らを支持して政権に就かせていていいのだろうか?

ここの所を、しっかりと考えましょう。


原発は要らない 目次に戻る