広瀬隆さんの話 トリチウムについて等

(ダイヤモンド社書籍オンライン 2015年7月の記事から抜粋)

新著『東京が壊滅する日 フクシマと日本の運命』を出した広瀬隆さんのお話が、
ダイヤモンド社書籍オンラインのウェブサイトに出ていました。

充実した内容なので、抜粋して紹介します。

○ 広瀬隆さんの話

福島第1原発では、現在も「緊急事態宣言」が発令されたままです。

汚染水の量はハンパじゃなく、この4年間で75万立方メートルに達しています。

汚染水は、これからも増えていく。
なぜなら、原子炉に水を流し込んで冷やし続けなければならないからです。

しかも、注いだ水は地下に流れ、どんどん外洋に流れ出ている。

海岸線の地下水は、太平洋の沖合と繋がっています。

自称専門家のバカな連中は、「巨大な壁を築いて外洋への漏水を止める」と言っているが、とんでもない話だ。

壁を築けば、地下に水が溜まっていき、地盤はめちゃくちゃになって、最後には建物がおかしくなる。

汚染水には、トリチウムも大量に含まれています。

トリチウムは、元素としては水素で、中性子が2つ含まれている。

重い水素なので、「三重水素」とも呼ばれている。

放射性トリチウムが恐いのは、水素のように振る舞うからだ。

トリチウムが酸素と結合すると、「トリチウム水」になり、水蒸気となって空気中を漂い、
我々の体内に入ってくる。

そして、トリチウムはやがてヘリウム3になるのだが、その時にベータ線が放射される。

いま日本で普及している簡易式の放射線測定器は、ストロンチウム90やトリチウムが出す「ベータ線」は測定していない。

カリフォルニア州にあるローレンス・リヴァモア国立研究所は、
「トリチウムによる催奇形性(奇形を生じさせる性質)は、致死性ガンの確率の6倍だ」と報告しています。

つまり、次世代に奇形を生む可能性が高い。

人体の有機物とトリチウムが結合すると、容易に代謝(排出)されず、15年以上もベータ線を出し続けます。

また、ヘリウム3に変化する際には、トリチウムと結合していた箇所が切断される。

これによりDNAが破断されてしまう。

チェルノブイリ原発事故で汚染したゴメリなどの地域では、住民の染色体を調べると、
右側の染色体だけが異常になっていた。

トリチウムは汚染水からの除去ができないので、原子力規制委員会は「除去せずに、薄めて海に流そう」と言っている。

薄めたってトリチウムの量が減るわけではない。
実に恐るべき犯罪者たちである。

現在、福島県内の子供の甲状腺ガン発生率は、平常時の70倍を超えています。

1951〜57年に97回行われたアメリカ・ネバダ州での核実験では、実験場から220kmも離れたセント・ジョージで大規模なガン発生が起きた。

核実験と原発事故で放出される物質は同じで、3.11で地上に降った放射能の総量は、
ネバダ州で放出された総量よりも2割多い。

中国は、日本の10都県の全食品について、輸入停止にしています。

(台湾も、2015年5月から日本食品の輸入を全て停止した)


原発は要らない 目次に戻る