核兵器開発には、ウラン濃縮とUF6が必要

(毎日新聞2012年2月11日から)

天然のウランには、核兵器や核燃料に使えるウラン235が、0.7%しか含まれていません。

そのため、ウランを濃縮する必要があります。

核燃料に使う場合は5%、核兵器の場合は90%以上に、濃縮する必要があります。

濃縮するには、ウランを気体の「六フッ化ウラン(UF6)」に転換した後に、
数千台の遠心分離機を使って濃縮します。

「日本を含めた」多くの国が、この手法を使っています。

○村本のコメント

日本が脱原発をして、核燃料を処分すれば、世界に向けて「核兵器の開発を放棄したよ」と
アピールする事になります。

原発と核兵器は表裏一体であり、脱原発は世界平和にも繋がるのです。


原発は要らない 目次に戻る