子供の頃の思い出C
虫と戯れる@ だんご虫にちょっかいを出す

私が虫と遊び始めたのは、5歳の頃です。

4歳までは、親などの大人の監視が厳しく、自由に外で遊ぶ事ができませんでした。

しかし5歳になる頃からは、親などが私をほぼ構わなくなったため、外で自由に冒険を繰り広げられるようになります。

私は冒険の手始めに、とりあえず自宅の周辺を調査してみる事にしました。

地面、どぶの辺り、家とブロック塀の隙間、はえている雑草や低木、などを対象として、「どうなっているのか」と、観察をしていきました。

すると、雑草に付いているアブラムシと蟻、隙間に巣を張るクモ、飛んでいるハエや蛾、などを発見しました。

私は、「ほおー、こんな奴らがいるのか。世の中は広いのう。」と感心しました。

見ていると、変わった形や態度をしている奴らなので、すぐにちょっかいを出したくなりました。
でも自分はまだ小さいし、相手が何者なのかも分からないので、そっとしておくしか
ありませんでした。

それからしばらく経って、6歳になる頃です。

私はまだ保育園児でしたが、体力がそこそこ付いてきて、15〜20cmほどの大きな石も持ち上げたり、どかしたり出来るようになりました。

嬉しくなった私は、そこらにある大きな石をかたっぱしから持ち上げて楽しみます。

自宅のすぐ向かいの畑の端っこにある、20cmくらいの石がごろごろと散乱している所にも足を運び、さっそく持ち上げてみました。

どれもかなり重くて、まだ持ち上げられない石もありました。
私は、持ち上げられそうな石を選び、「よいしょ!」と石を持ち上げてみた。

すると何と! 石の下には『それまで見た事の無い虫が、わんさかと居た』のです!

私はびっくりしてしまい、すぐに逃げ出しました。

その時は完全にびびったのですが、数日してみると怖いもの見たさで、そこにいる虫たちが気になり出した。
そこで、勇気を出してまたそこに行って、再び石を持ち上げてみました。

私は「ドキドキ」していて、いつでも逃げられる体勢を取りつつ石を上げたが、
前回よりは虫の数は少なくて、10匹くらいだったため、何とか耐えられるレベルです。

私は、「これなら逃げなくて大丈夫そうだ。こいつらは何者なんだ?」と思い、
しゃがみ込んで観察した。

そこに居たのは、ハサミ虫、だんご虫、ぞうり虫(便所虫)、なめくじ、でした。

ぞうり虫以外は、初めての出会いです。

どいつも日陰者の雰囲気を漂わせており、あまり触りたくない感じです。

私は、木の棒を持ち、「ツン、ツン」とつっついてみました。
そうしたところ、はさみ虫以外は、大人しい奴だと分かりました。

なかでも『だんご虫』は、つっつくと丸まってしまい、逃げ出そうともしません。

私は、「おっ、こいつは大人しそうだな。こいつなら触っても大丈夫そうだぞ。」と思い、
手に取ってみました。

だんご虫は、直径が1cmくらいで、足が20本くらいあり、ぞうり虫に似ています。
でも、ぞうり虫のようにすばしっこくなくて、簡単に捕まえられます。

手のひらに置いた、丸まっただんご虫を見ているうちに、なんだか「こいつなら、友達になれそうだな」と思えてきた。

私は、「よし、友達になってあげよう」と思い、一方的に友達になる事を決めました。

だんご虫の気持ちは、いっさい確認しておりません。

この日から、私とだんご虫の戯れる日々が始まったのです。

だんご虫が、石の下や暗くじめついたエリアにいる事は、すぐに把握しました。
それで、だんご虫を発見する事も容易になります。

一番たくさんいるのは、例の大きな石がごろごろした場所だったので、大抵はそこで確保していました。

ある日、それまで持ち上げた事の無かったとても大きな石を、「うおー!!」と頑張って
持ち上げた事があります。

そうしたら、驚いた事にだんご虫たちは1匹もおらず、小さな蟻が「うじゃ、うじゃ、うじゃ」と、とんでもない量で居たのです。

私はびっくりしてしまい、怖くなりました。
「なんなんだ、こりゃ」と思ったのですが、見ているうちに「これが噂に聞く、蟻の巣だ」と気付いた。

大きな石の下に巣を作っていたのを、私が石をどかす事で、白日の下にさらけ出してしまったのです。

蟻たちは、信じられないくらい動揺しており、何とか卵を守ろうと卵を牙にくわえて、
右往左往しています。

彼らの世界では、国家規模の緊急事態であり、非常事態宣言が発令されて、
警報が「ビー! ビー!」と最大限の音量で鳴っているのが見て取れました。

私は、最初は物珍しく観察していたのですが、だんだんと悪い事をしてしまったような気持ちになってきた。

そこで、巣の上にあった石を持ち上げて、そおっと元に戻してフタをしてあげました。

さて、だんご虫が大人しくて安全だと知ってからは、指でつまんで道路のアスファルトの上に運んで、じっくりと観察するようになります。

だんご虫は、とにかく臆病な奴で、少しでも触ると丸まって防御姿勢をとります。

私は、丸まっているのを強引に手で開いてみようと試みましたが、相手の力がかなり強くて、こじ開けることは出来ませんでした。

仕方がないので放って置くと、『しばらくすると丸まっているのを解除して、また動き出す事』に気付きました。

30秒〜1分くらいの間、そっとしておくと、だんご虫は身体を伸ばして、足を「ワサワサッ」と動かして起き上がるのです。

私は面白く思い、動き出すのをじっと待っていて、動き出した瞬間に
「ばかやろう! まだ俺はここに居るぞ。 油断するんじゃねえ!」と触ってみました。

するとだんご虫は、「うっ!! この糞ったれは、まだ居やがったか!」と、また身体を丸めるのです。

だんご虫の反応が面白いので、私は何度も何度も、だんご虫が動き出した瞬間に、
再びちょっかいを出す行為を繰り返しました。

そうしたら、7回目あたりから、だんご虫が丸まる動作をさぼるようになったのです。

だんご虫は、疲れが出たのか、いちいち相手をするのがかったるくなったのか、
何度も触ってもノロノロと嫌そうに歩き続けます。

「もうやめてくれ。俺を放っておいてくれ。」と、身体全体で表現しておりました。

私は、『選手交代が必要だ』と感じ、そいつを元の場所に戻すと、新しく元気一杯の奴を確保してきました。
そしてまた、だんご虫が動き出した瞬間に触る遊びを、何度も繰り返すのでした。

だんご虫と友達になってから数ヶ月もすると、完全に触るのにも慣れました。

そこで、だんご虫を何匹も一度に確保して、道路に運んでボールの代わりにして遊ぶようになります。

丸まっているだんご虫を、アスファルトの地面に置いて、指で弾いて転がしたり、
ボーリングのように転がしたりと、かなりの虐待的な行いをしました。

だんご虫は、すごく軽いので、とても軽快に転がります。
アスファルト道路で転がすと、軽いのででこぼこに当たる度にピョンピョンと跳ねながら、かなりの距離を移動します。

私は楽しくなり、「どこまで距離を伸ばせるか」などと思いながら、何度も何度も転がしました。

かなり手荒に扱ったので、「大丈夫だろうか、死なないだろうか」と心配もしたのですが、驚くことに彼らは相当にタフで、少しショックを受けているくらいで動きに変化はありません。

私は、「やるじゃねえか。見直したよ。」と、またまた嬉しくなりました。

そうして気が付くと、「こいつらは、一体どこまでやれる奴らなのか」を調べたくなってきました。

私はまず、だんご虫を指でつまむと、立ち上がって手を前に出して、胸の高さからアスファルトの地面に落としてみた。

少しはダメージがあるだろうと思ったのですが、何と全くダメージは無く、涼しい顔をしています。
私は、感心しました。

そこで次に、高い所に移動して、2m位の高さから落としてみました。

それでも、やはり涼しい顔をしています。

私は、(この程度じゃ、だめだ)と思い、今度は手の平に持つと、ブロック塀の前に移動しました。
そして、塀を「キッ」と睨むと、全力でブロック塀にめがけて、だんご虫を投げつけてみた。

それで、壁に激突して「ポーン」と軽快に跳ね返ってきただんご虫を、見てみました。

すると、かなり痛そうにしていましたが、特に怪我を負っている感じはありません。

私は、そのタフさに尊敬心を抱き、彼らと友達でいる事に誇らしさを感じました。

私は、「こんなに強いならば、自動車に轢かれても大丈夫なのではないか?」と思い始めます。

心の中では、(いや、さすがにそれは無理だろう)と感じていたのですが、どうしても試してみたくなりました。

だんご虫の可能性に、賭けてみたくなったのです。

私は、手の平のだんご虫に「頑張るんだぞ」と声をかけて、自動車が遠くに現れるのを待って、自動車のタイヤが通る位置にだんご虫を設置した。

そして祈るような気持ちで、自動車が通るのを見守りました。

自動車が去ると、だんご虫を置いた所に駆け寄り、だんご虫を探します。

そうしたところ、だんご虫は完全にぺしゃんこになっており、即死しているのを確認できました。

私は、「やっぱり、ダメだったか…」と、深い悲しみにおそわれた。

死に様が「粉々に砕ける」という無残なものだった事もあり、
自分の判断力の甘さで友を死なせてしまった事に、激しい後悔の念を持ちました。

実は、この『だんご虫ぺしゃんこ事件』までは、私は自動車の重量について、
舐めていました。

親などから「自動車は危ないから、最大限の注意をしなさい」と言われていましたが、
どうも実感が湧きませんでした。

自動車は、軽快に走るし、乗った時にも爽やかな乗り心地なので、重い奴だと思えません。

私は、『自動車は70kgくらいなのだ』と、想像していたのです。

このぺしゃんこ事件の少し前に、私の家の自動車が車庫から出る際に、
弟が「ぼけーっ」と進行方向に突っ立っていて、『タイヤに足のつま先を踏まれる』というアクシデントがありました。

弟はショックと痛さで泣き出し、両親は急いで彼の足を確認します。

幸い、特に異常はありませんでした。

私はこの一部始終を見ながら、(大げさだなあ。痛いのは分かるけど、そんなに心配するような事態じゃないでしょ〜)と思っていました。

無知とは、本当に恐ろしいものですねー。

私は、(自動車に轢かれたら、かなり痛いだろうが、死ぬような事はまず無いだろう)と考えていました。

だんご虫がこなごなに砕け散る、むごい潰れ方をしているのを目撃して、
初めて「自動車は、マジにやばいらしいぞ…」と、実感しました。

この事件では大いに反省をし、だんご虫にちょっかいを出すのを自粛する事に決めました。

悪気はなかったとはいえ、友を死地に追いやった事は、本当にショックでした。

私は、「もう、だんご虫には手を出さないぞ」と決心した。

ところが、2週間くらいするとムズムズしてきた。
相手を困らせる行為だと分かっているのに、どうしてもちょっかいを出したい。

そして、まただんご虫に色々と挑戦をさせるようになります。

どのくらい強いのか試すために、「クモと戦わせてみよう」と思い、クモの巣に引っ掛けてみましたが、あっさりとクモに倒されてしまいました。

だんご虫に色々とさせてみて分かったのは、『防御力はとても高いが、攻撃力はゼロ』という事です。

攻撃力の無いところが、小さい私でも友達になれた理由でしょう。

この後も、しょっちゅうだんご虫と遊んでいたのですが、そのうちに蟻とか蝶に関心が移り、だんご虫からは徐々に離れていきます。

小学校に入ってからは、校庭に蟻がたくさん居るので、遊ぶ対象は蟻になりました。

だんご虫は、ほっとしていた事でしょう。

だんご虫は、私が虫の中で最初に仲良くなった(いじめた?)相手です。

今から振り返ると、大変に生命(生物)について勉強になったし、感謝の気持ちで一杯です。

どうも有り難うございました。

(2013年8月21日に作成)


エッセイ 目次に戻る