ミュージカル「1789 バスティーユの恋人たち」を観た
その感想
(2016.4.22.)

4月19日に、ミュージカルの『1789 バスティーユの恋人たち』を観劇してきました。

私が敬愛している女優の「花總まり」が出演しているからです。

今日は、その感想を書きます。

あと、劇場の入口で花總さんの出したCDが売られていたので、購入してきました。

私は知らなかったが、今年の2月に彼女はファースト・アルバムを出していた。

この作品についての感想は、次回の記事で行いたいと思います。

『1789 バスティーユの恋人たち』の総評をまず行うと、

「音楽は悪くないが、脚本と振り付けが良くない。

 海外で人気になった作品らしいが、優れた作品ではない。」です。

フランス革命が起きるまでを描いているが、展開のさせかた(脚本)に陳腐さを感じた。

「こんな解釈や演出をするのか」という喜ばしい驚きが、全くない。

振り付けも、日本のそこらの振り付け家がやったみたいな、ありきたりのものだった。

観ていて、胸が躍る瞬間がないんですよねー。

登場する人々にも、1つ1つの場面にも、魅力を感じなかった。

作品が陳腐に見えたのは、主役の演技がダメだったのも大きいです。

小池徹平さんが主役を任されていたが、明らかに力量不足です。

周りの役者のほうが、演技も歌も上手い。

「なんでこの人が主役に選ばれたの?」と、がっかりでしたよ。

小池さんの演技には、説得力がない。

この歌劇では一番魅力的な人物のはずだが、「普通のお兄さん」にしか見えない。

どんな人物かを考えて演じているとは、全く思えなかった。

さらに、声に魅力がない(声を鍛えてない)ので、彼が歌っていると眠くなってくる。

彼が歌い始めると、自然にまぶたが落ちてきて、寝てしまうのです。

ラリホーみたいな歌だ。

彼の歌で寝てしまい、場面が変わって別の歌が始まり起きたのが、3回もあった。

そのうち2回は、まりさんの歌だった。

もう1人の主役(ヒロイン)を演じる夢咲ねねさんも、いまいちだった。

ひんぱんに音が外れていて、歌に入り込めなかった。

彼女は、宝塚時代から「踊りは素晴らしいが、歌に難がある」女優だったのだが、それが変わっていません。

あれだけ音を外すのは、さすがにマズイよ。

花總さんは、さすがに安定感があったし、良かった。

恋人(フェルゼン)と共に国外に逃げる選択がある中で、残ることを選んだ後に1人で歌う場面は、とても充実した美しい歌に仕上げていた。

だけど、彼女はどう演じるかで苦戦していましたね。

彼女はマリー・アントワネットを演じているのだが、最初は放蕩三昧の最低の女なのが、最期には立派な人物になる。

息子が夭折したのをきっかけに改心するのですが、心境の変化の過程を脚本がきちんと描いていないため、ピンと来ないのです。

夫の国王は最期までアホなままだし。

この作品では、どの人物も説得力を感じない。

主役はフランス革命を起こす人々のはずですが、中心となる小池さんの演技がひどいからか、彼らの怒りが溜まって革命に立ち上がるまでに「グーッ」と盛り上がっていかないのです。

放蕩三昧のアントワネットや、政治オンチの国王や、権力欲の塊で変態的な性癖の国王の弟は、どうやっても魅力的な人物にはならない。

だから、革命を起こす側が魅力的なキャラにならなければならないのに、そうなっていない。

結果として、『魅力的な人物のいない、寒い話』になっている。

最初から最期までピンと来なかったのは、ほとんどの役者が歌をちゃんと歌えていないのが大きかった。

役者のほとんどは、メロディを覚えるだけで、どのようなコード進行やリズムになっているかを理解していないと思いました。

リズムが曲の途中で変わっても、それを感じていないし、常にリズムに乗れていない。

この作品は、バックビートを強調した曲(リズム)が多い。

だから、もっとそれを意識して歌ったり踊ったりした方がいいです。

踊りについて言うと、最初のほうの場面で娼婦で出てきた、太めの体型のギョロっとした目の女性が、割と良かった。

彼女は、痩せれば良いダンサーになると思う。

あとは、民衆の1人として踊る男性に、力強くはっきりと踊り、心理がこちらに伝わってくる役者が1人いました。

基本的に、民衆の側は、熱く激しく力感豊かに踊ったほうがいいと思う。

そうする事で、支配階級への怒りや、民衆のもつ地に足のついた感覚を表現できる。

それを表現すれば、国王らの退廃した世界との対比を生み出せる。

終盤になり、「皆で立ち上がるぞ!」と盛り上がる場面は、地の底から「グオーッ」と湧き上がるくらいのエネルギーがほしい。

いま出しているエネルギーの、4倍くらいでちょうど良くなる。

個々の曲は良質だと思うから、演者の解釈や歌唱力が上がれば、それなりに観られるものに仕上がると思う。

私の観たのはS席ですが、12500円という高値です。

現状だと、このミュージカルの値段は5500円ですよ。

2倍にクオリティを上げないと、値段相応の内容になりません。


花總まり 目次に戻る