あなた方は見えない世界と繋がっており、最先端の存在である

 エイ  あなた方は物質世界に身体として誕生した時が、自分の始まりだと思っているが、
     それは全く違う。

     その感じ方は、映画館に行き、館内に入った時が自分の始まりだと思うのと、
     ちょっと似ている。

     あなた方の身体と新しい環境は、非常に賢くて非常に古い存在(あなた方の魂)が、
     新しい方法で拡大・成長するためである。

     この広い視点で見れば、地球での人生の不安は減り、本来の情熱がほとばしるはずだ。

     地球に生まれる事は、あなた方にとって思いつきではなかったし、実に心躍る考えだった。

     物質世界に生まれ出る前のあなた方は、完璧で安定した環境に生まれるのを理解し、
     その多様性に対し限りない熱意を感じていた。

     あなた方は、そこで待っている多様な人々や考え方の美しさを思って胸を躍らせた。

     1度だって、そこで人々を正す必要があるとか、過ちを指摘したり他人の進む道を
     修正したりする必要があるとは思わなかった。

     あなた方は地球を、常に変化する完璧な場として見ていたし、その環境に全く警戒心を
     持ってなかった。

     あなた方にとって理解しづらいかもしれないが、「見えない世界・見えない領域」は
     存在するし、それは広大で、純粋で前向きなエネルギーの場である。

     あなた方は、その見えない世界の広い視点からやってきて、物質世界の身体に宿った。

     見えない世界のあなた方(あなた方の魂・神)は、いま物質世界に居るあなた方を
     思考して生み出した。

     あなた方を思考によって生み出した「見えない世界のあなた方」は、見えない世界に
     留まっている。

     つまりあなた方は、物質世界の視点と見えない世界の視点の両方が備わっているのだ。

     そして感情というナビゲーション・システムを活用することで、見えない世界の
     視点に立てる。

     見えない世界のあなた方は、「内なる存在」「源」「魂」「神」と表現できる。

     内なる存在が、見えない世界の視点から物質世界に意識を投影して、あなた方は生まれた。

     地球という時空を、私たちは「思考の最先端」と呼ぶ。

     内なる存在(神)の一部が、地球の人生経験へと(あなた方1人1人へと)延びてきて
     いる事を考えれば、地球が最先端なのだ。

     忘れないでほしいのは、「あなた方は神の延長だ」という事だ。

     神はあなた方を通じて、あなた方と共に拡大成長する。

     神という言葉を使うと、地球人は自分たちの抱く神のイメージに固執して、
     深い真実を見損なってしまう。

     だから神という言葉の代わりに、「内なる存在」「源」を使おう。

(『実践 引き寄せの法則』から抜粋)


引き寄せの法則 目次に戻る