肯定的な側面に注目しなさい

 エイ  私たちに助言を求める人の多くは、よくこう尋ねる。

     「この関係から足を洗うべきでしょうか?」

     「この仕事を辞めて、別の仕事を探すべきでしょうか?」

     私たちは、こう答える。

     「否定的な面があるからという理由で、その関係から身を引くというのなら、
      あなたはこの世界に居られなくなる。

      なぜなら、あらゆるものの中に肯定的な面と否定的な面があるからだ。」

     関係から足を洗う、仕事を変える、別の家に引っ越す。
     そうした事が悪いと言っているのではない。

     「否定的な面に囚われ、否定的な観点から行動を起こすな」と言っているのだ。

     否定的な観点から行動を起こすと、必ず今の自分を引きずる(継続する)ことになる。
     同じ状態を引き寄せてしまうのだ。

     私たちが勧めるのは、「肯定的な側面に注意を向ける」という事だ。

     その結果、現状が大幅に改善され、身を引く理由が無くなることが往々にしてある。

     『肯定的な側面の本を作る』というエクササイズは、肯定的なものを引き寄せる
     助けになるだろう。

     新しいノートを1冊買い、表紙に「肯定的な側面の本」と書く。

     そして様々なテーマで、肯定的な側面を書き込んでいくのだ。

     肯定的な部分に注目すれば、あなたは良い気分で過ごせるはずだ。

     そして思考と感情が肯定的なものになる。

     肯定的なものに焦点を当てる時、あなたは否定的なものに焦点を当てる事が出来ない。

     注目しなければ、否定的なものはあなたから去っていく。

     各ページで新しいテーマを取り上げ、自然に思いつく肯定的な側面を書き出してほしい。

     思いつくのに努力してはならない。
     努力すると、実際には否定的に感じているものを、無理に肯定的なものに変えようと
     するかもしれない。

     1つのテーマで思考が湧いてこなくなったら、新しいページに移り、新しいテーマに
     取り組もう。

     毎日15分、これをやれば十分だ。

     この本を作れば、すぐにあなたは気持ちが晴れ晴れしていくだろう。

     気持ち良くなればなるほど、良いことを引き寄せるようになる。

     ポイントは、『行動は創造にほとんど貢献しない』という事だ。

     人生で得るものを決めるのは、行動ではなく、行動する時の感情なのだ。

     だから自分の感じ方に注意して、心地良く感じるものを探してもらいたい。

     ネガティブな感情に囚われると、往々にしてあなた方は他人を責め、自分を正当化
     しようとする。

     しかし正当化しようとする時は常に、否定的な引き寄せに入っている。

     だからネガティブな感情を覚えたら、その気持ちを手放し、否定的なものを引き寄せる
     のを止めてもらいたい。

     自分を気持ち良くしてくれるものに、注意を向けるのだ。

     行動する時、あなたは喜びを感じているだろうか?

     自分を気持ち良くさせてくれるものに焦点を当てれば、喜びから行動できる。

     そうなれば、望むものが人生に引き寄せられてくる。

(『引き寄せの法則の本質』から抜粋)


引き寄せの法則 目次に戻る