おまけ
「Finesse」「Rose Room」のコード進行

 『ジャンゴ・ラインハルト』のおまけとして、2曲のコード進行を紹介します。

 9曲目の「Finesse」と、11曲目の「Rose Room」です。

 どちらの曲もジャンゴの代表的な名演の1つです。

 20歳の頃の私のように、コピーしたいと思う方もいるでしょう。
 そういう人の助けになれば幸いです。

 Finesseは、少しチューニングが低くなっています。
 昔の録音って、録音機械の回転数が不正確なのか、正規のチューニングとずれている場合があります。

「Finesse」   キーはD  形式はAB

 イントロ

|D6(9)  B7(♭13 )onG |G(9)  A7   |

 A

|DM7   Bm7   |Em7    A7   |DM7   Bm7   |Em7    A7   |

|DM7   Bm7   |Em7    A7   |DM7   Bm7   |Em7    A7   |

 B

|D7            |D7        |G          |Gm   Em7-5   |

|DM7   Bm7   |B7   A7   |DM7   Bm7   |Em7    A7   |

 ジャンゴのソロの時

|DM7  Fdim   |Em7   Em7-5 A7 |DM7  Bm7   |Em7   A7   |

|DM7  Bm7   |Em7    A7    |DM7        |D7        |

|G          |Gm   Gm7 C7 |DM7   Bm7   |B7   A7   |

|DM7  Gm    |DM7   D7(9)  |

○ コード進行の解説

 難しい進行はなく、あまり解説する所はありません。

 Aの部分は、Ⅰ-Ⅵ-ⅡーⅤの繰り返しです。

 Bの4小節目のEm7-5 は、Gm(Ⅳm)の代理コードです。

 6小節目は、AではEm7 になっていた所がB7 に変えられています。

 この曲のポイントは、ジャンゴのソロ時です。
 ここだけコード進行が変えられていて、短いです。

 それまでと違う進行なので、きちんと全てを書いておきました。

 1~2小節目はジャンゴ以外は休んでいるのですが、ジャンゴのフレーズに和声をつけると
 このコード進行になります。

「Rose Room」  キーはF  形式はAA‘

 A

|G7(9)       |C7(13)       |F6(9)       |F6(9)      |

|F7(9)       |F7(9)       |B         |B        |

|Bm7        |Bm7       |F   (C7 D7)|D7        |

|G7(9)       |G7(9)       |C7    G7   |C7        |

 A‘

|G7(9)       |C7(13)       |F6(9)       |F6(9)      |

|F7(9)       |F7(9)       |B         |B        |

|Bm7        |Bm7       |F          |D7        |
                      (F F7 E7 E7 )

|G7         |C7        |F6         |F6        |

 エンディング  (最後のA‘の13小節目から)

|G7         |C7        |F6   C7    |F    C7 F |

|F6         |

○ コード進行の解説

 この曲のポイントは、最初のコードがⅡ7なことです。

 あとは、Ⅱm7が一度も出てこない事です。
 (マイナー・コードはBm7(Ⅳm)しか出ません)

 これにより、とても明るい曲調になっていますね。

 AA‘の11小節目には( )内に書いたコードがありますが、バッキングをしているギターが
 このように弾く時があるので、いちおう書いておきました。

 トニック・コード(F)は、5度を外して6度を入れるF6にすると雰囲気が出るので、
 それを多く使ってます。

(2016年10月17日に作成)


私の愛するジャズアルバム 目次に戻る