バグス・グルーヴのおまけ
「But Not For Me」「Doxy」のコード進行

  ここでは、おまけとして「But Not For Me」と「Doxy」のコード進行を紹介します。

「But Not For Me」   キーはE  形式はAA'

 A

|F7(9)        |Fm7  B(13)  |EM7       |EM7       |
(F7(9)       E7(9)         E(9)       C7         )

|F7(9)        |Fm7  B(13)  |Bm7(13)     |E7        |
(F7(9)       E7(9)         Bm7(9)      )

|AM7        |Am7  D7  |EM7  G7    |Cm7       |

|F7         |F7         |Fm7        |B7        |

 A'

|F7(9)        |Fm7  B(13)  |EM7       |EM7       |

|F7(9)        |Fm7  B(13)  |Bm7(13)     |E7        |

|AM7        |Am7  D7   |EM7  G7    |Cm7       |
                        (Dm7-5 G7   )

|F7         |Fm7  B7    |EM7       |EM7       |
                                   (Gm7  C7   )

エンディング (A'の13小節目から)

|F7(9)       |Fm7  B7    |EM7       |EM7(9 ♯11)    |

○ コード進行の解説

 この曲は、Ⅱ7から始まるのが1つのポイントです。
 このコードで始まると、明るい雰囲気になります。

 7~8小節目は、普通だと|EM7    |Bm7 E7 |になります。

 ここではトニック・コード(EM7)に解決せず、いきなりBm7に進み、ダイレクトにAM7に
 向かい始めるのですが、強引な展開ながら格好良い響きと思う。

 AA'の違いは、13~16小節目だけです。

 いろんな所に( )でコードが書かれていますが、アドリブの時にこっちの進行を使う時があるから
 付け加えておきました。

 マイルスのアドリブは、2小節目では裏コードのE7を想定したフレーズを吹く事が多い。

 ホレス・シルバーのソロは、ファンキーで明るいものですが、彼はAの4小節目と、
 A'の12小節目はC7(Ⅵ7)にしています。

 エンディングは特に変わったことはせずに、そのまま終わります。

 最後のEM7(9 ♯11) は、マイルスは♯11、ロリンズはM7、ホレスは9の音を出している。

 さて。
 この曲のアドリブで1番インパクトがある部分の1つは、『テイク2(テンポの速いバージョン)の
 ロリンズのソロで、2コーラス目のA'の4~6小節目に吹くフレーズ』だと思います。

 少し耳の良い人だと、「あれっ、このフレーズ完全に外れた音じゃん」と感じるはずです。

 この部分ではバックのホレスも変なコードを弾いており、あらかじめ「ここでは大胆にコードを変えて
 やろうぜ」と打ち合わせていたのが分かる。

 今回、この一風変わった、通常なら外れた音と見なされる部分を、分析してみました。

 外れた音なのに格好良いから、めちゃくちゃな事をしているわけではない。

 私の分析結果は、こうです。

 (A'の1小節目から書きます)

|F7(9)        |B7        |EM7       |B7        |

|F(9)      |B7   E7(13)  |Bm7       |E7        |

 4小節目にB7(ドミナント・コード)を置いて、一時的にEキーに(半音上の調に)転調し、
 その後にEキーのⅡ7ーⅤ7と進むのです。

 E7(13)は、Bm7ーE7の進行にゆくための繋ぎのコードで、7小節目で元の進行に戻る。

 レコーディングの時にこんな遊びを入れて、失敗せずにお洒落なサウンドに仕上げてしまうのだから、
 この時代のジャズ・ミュージシャンって凄いよね。

「Doxy」   キーはB

 テーマ

|B7       |G7         |C7   F7   |B7  F7    |
(B7 A7  )

|B7       |G7         |C7        |F7         |
(B7 A7  )

|B7       |B7        |E7       |Edim        |

|B7       |G7         |C7   F7   |B7  (F7)   |
(B7 A7  )

 エンディング (13小節目から)

|B7       |G7         |C7   F7   |B7   G7   |

|C7   F7   |B7       |

○ コード進行の解説

 シンプルな進行なので、解説する部分はほとんど無いです。

 1、5、13小節目は、テーマ・メロディを吹いている時は、メロディの動きやベースの動きから
 考えて、B7一発でいいと思います。

 アドリブ・パートに入ると、ホレスはB7ーA7と弾いていますね。

 マイルスやロリンズがアドリブしている時、ホレスは1~2小節目などをB7ーA7ーG7と
 弾くのですが、A7とG7に13度を入れるんですよね。

 B7ーA(13)ーG7(13)みたいに弾く。

 G7(Ⅵ7)の所って、ジャズだと普通はオルタード・テンション・ノート(-9度やー13度)を
 入れてブルージーな雰囲気にする。

 ここでは13度を多用していて、それにより曲が明るい雰囲気になってます。

(2016年11月18日に作成)


私の愛するジャズアルバム 目次に戻る