中期のジャズおよびジャズメンについて①

(『ジャズ歴史物語』『ジャズを生きる』などから抜粋)

ディジー・ガレスピーは、ジャズ史上でも屈指のトランペッターで、ビバップの創始者の1人でもある。

彼は、テディ・ヒルの楽団に居た頃からエキセントリックで、外套と手袋をしたままリハーサルに参加し、他のトランペッターが立ち上がってソロを取ると自分も立ち上がって真似をする、曲が終わると立ち上がって余計に吹く、などを行った。

テディ・ヒル楽団は、1937年夏~38年7月?に渡欧している。

37年にはライオネル・ハンプトン楽団に参加してRCAに録音した。

チャーリー・クリスチャン、コールマン・ホーキンス、ベン・ウェブスター、チュー・ベリーと共演している。

41年9月に、キャブ・キャロウェイの楽団に居たディジーは、事件を起こした。

公演中に背中に紙つぶてを投げつけられたキャブは、いつもおどけているディジーを怒ったのだが、本当はジョナ・ジョーンズの仕業だった。

キャブのどやしがきつく、クビを言い渡されたディジーは、ナイフで切りつけてキャブの背中に大怪我をさせてしまった。

ディジーはその後、ビリー・エクスタインの楽団に加わった。

ディジーが抜けると、後任としてファッツ・ナバロが参加した。
ファッツが抜けると、マイルス・デイビスが参加した。

43年の暮れに、ニューヨークのオニックス・クラブに史上初のビバップ・バンドが出演した。

メンバーは、ディジー、ドン・バイアス、オスカー・ペティフォード、ジョージ・ウォーリントン、マックス・ローチである。

44年2月16日に、コールマン・ホーキンスは、ディジー、オスカー・ペティフォード、マックス・ローチを擁するバンドで史上初のビバップ・セッションを録音した。

ディジーは45年の夏に、初めて自己のビッグ・バンドを結成した。だが経済的に失敗してしまった。

このバンドのメンバーには、ケニー・ドーハム、チャーリー・ラウズ、マックス・ローチがいた。

45年5月に再びビッグ・バンドを結成し、今度は大成功を収めた。

49年11月21日に、ジョン・コルトレーンはディジーの楽団にて自身初となる吹き込みをした。

チャーリー・パーカーは、ビバップの創始者の1人で、ジャズ史上最高のミュージシャンの1人だが、最初の頃は下手くそだった。

1935年(パーカーが15歳の時)に、パーカーの住むカンザス・シティにカウント・ベイシー楽団が公演に来た。
パーカーは飛び入りで演奏に参加したが、ひどい演奏なのでドラムを叩いていたジョー・ジョーンズに怒られ、ステージから降ろされた。

これを一つの契機にして彼は一念発起し、レスター・ヤングの吹いているレコードを聴いてソロを残らずコピーして吹けるようになった。

1942年1月にパーカーは、ジェイ・マクシャン楽団の一員としてニューヨークに来て、演奏が大評判となりニューヨークに腰を落ち着けた。

そして12月にアール・ハインズの楽団に参加した。

46年の7月29日に、ダイアル・レーベルに録音後、ホテルに戻ると部屋に火をつけて警察に逮捕され、そのまま精神病院に送られてしまった。

47年1月に、カマリロ精神病院を退院した。

パーカーは、47年5月にオールスターズを結成し、自分のレギュラー・バンドを初めて作った。

メンバーは、マイルス・デイビス、バド・パウエル(後にデューク・ジョーダン)、トミー・ポッター、マックス・ローチである。

パーカーのバンドで本格的にデビューしたマイルスは、47年8月14日にサヴォイ・レーベルにて初リーダー・セッションを録音した。

47年1月に初リーダー録音をルースト・レーベルに吹き込んだバド・パウエルだが、

パーカーは、47年9月29日にカーネギーホールのコンサートでディジー・ガレスピーと1年半ぶりに共演した。
これは録音がありCD化されている。

パーカーは、48年8月にストリングス・オーケストラと初共演する。
さらにノーマン・グランツと契約した。

49年12月15日に、パーカーの渾名であるバードから取られたジャズクラブ「バードランド」がニューヨークに開店した。
もちろんパーカーは出演していく事になる。

1944年7月2日に、JATPのコンサートがロスアンゼルスにて初めて行われた。

JATPは「ジャズ・アット・ザ・フィルハーモニック」の略で、スター・プレイヤーを集めたジャムセッションである。
ノーマン・グランツがプロデューサーで、人気のあるジャズ公演となり、何度も開催されていく事になった。

ノーマン・グランツは後に、クレフ/ヴァーヴというジャズ・レーベルも創設した。

1948年1月1日に、第二次のレコーディング・ストライキが始まる。

このストは12月15日まで続いた。

48年の4月に、コロンビアがLPレコードを発表した。

その後、ビクターが発表したEPレコードと商戦を繰り広げることになる。

50年1月に、ビクターもLP方式を採用すると発表し、本格的なLP時代に突入した。

当時はまだ録音の機械が未熟で、特に録音に磁気テープが使われる以前はドラムの音を拾える録音技師は少なかった。

ドラムの音を拾えるかは技師の腕しだいで、ルディ・バン・ゲルダーらはそれが出来る事で名が売れた。

ケニー・クラークは、ビバップの代表的なドラマーの1人だが、ピアニストの母からピアノを学び、18歳の時にドラムを始めた。

ドラマーの先輩である、シドニー・カトレット、ズティ・シングルトン、ベイビー・ドッズから影響を受けた。

1935年にロイ・エルドリッジのバンドに加入。

36年にニューヨークに進出し、37年にはテディ・ヒル楽団に加入してディジー・ガレスピーと出会った。

35年11月~37年には、弟のフランク、フレディ・グリーン、ファッツ・アトキンスとカルテットでも活動した。

このバンドは注目され、カウント・ベイシー、ハリー・ジェイムズ、ジーン・クルーパが毎晩のように聞きに来た。

そしてフレディ・グリーンはジョン・ハモンドにスカウトされ、ベイシー楽団に加入した。

1940年に、ニューヨークにジャズ・クラブ『ミントンズ』が開店する。

経営者はテディ・ヒルで、ケニー・クラークにスモール・グループを作って出演するよう依頼した。

クラークは、セロニアス・モンク、ジョー・ガイ、ニック・フェントンをメンバーとして雇い、このバンドはレギュラー出演するようになった。

ミントンズは若いミュージシャンの溜まり場となり、皆がジャム・セッションする場となった。

クラークは43~46年は兵役につき、52~55年はMJQの初代ドラマーを務めた。

55年にはサボイ・レコードの監修者に。56年に渡欧してパリに定住。

バド・パウエルは、6歳でクラシック・ピアノを学び始める。

15歳で兄のバンドに参加し、レストランやクラブで演奏を始めた。

1943年~44年末までは、クーティ・ウィリアムスの楽団に参加した。

セロニアス・モンクに弟子入りしてジャズピアノを学び、1947年1月に初リーダー録音をルースト・レーベルに吹き込んだ。

しかし同年11月に強度の躁鬱病のため入院。約11ヵ月の入院生活を送ることとなる。

48年11月に退院し、演奏活動を再開した。

彼は何度か精神病院に入っているが、ニューヨークの精神病院の独房の中で、壁にピアノの鍵盤を描き、それを演奏しているつもりになっていたというエピソードがある。

バドは師匠のセロニアスにレコーディングをさせたいと思い、クーティ・ウィリアムスを説得した。

しかしレコーディングは行われたが、その代償としてセロニアスの作曲に共作者としてクーティの名が付いてしまった。

ラウンド・ミッドナイトやウェル・ユー・ニードントがクーティとの共作になっているのは、このためである。

セロニアスは、批判されがちな難しい性格のバドを、いつも擁護していた。

またセロニアスは、服装に非常に気を使う人物だった。(独特の眼鏡と帽子の組み合わせは有名である)

マイルス・デイビスは48年9月に、自己の9重奏団を率いてロイヤル・ルーストに2週間出演した。

この楽団のサウンドは一部の者から高く評価され、翌年にマイルスらは9重奏団でレコーディングを行った。
キャピトルから発売され、クール・ジャズの先駆けと評されるアルバムとなる。

マイルスは、ヴォイシングやコード進行をセロニアス・モンクから教わった。

マイルスは、9重奏団でアレンジを担当したギル・エバンスからも、ヴォイシングやコード進行を学んだ。

49年1月11日に、プレスティッジ・レコードが創立された。

このレコード会社は、マイルス、ロリンズ、コルトレーンなどの名盤を作ることになる。

初録音は、リー・コニッツ名義でレニー・トリスターノの5重奏団を取り上げた。

チャールズ・ミンガスは、元ニューヨーク交響楽団のラインシャーゲンから5年にわたってベースを学んだ。

彼は、あらゆる音楽は1つであるとの考えから、自分の作品がジャズと呼ばれるのを嫌った。

ミンガスとエリック・ドルフィーは、カリフォルニアで同じ音楽学校に通った。

ミンガスは、自分のバンドに加入してきたサックス奏者のダニー・リッチモンドに、ドラムへの転向を命じた。
ダニーはその後、ミンガスのバンドで長くドラマーを務めた。

クリフォード・ブラウンは、13歳の時に父からトランペットをプレゼントされた。

ローカル・ミュージシャンのロバート・ロウリーに師事して音楽理論を学び、ピアノ、バイブ、ベースも弾くようになる。

彼は成績優秀で、デラウェア州立大学で数学を学び、1949年に奨学金を受けてメリーランド州立大学・音楽科に移籍した。

この頃からフィラデルフィアで演奏を多くするようになる。

48年には、ベニー・ハリスの代役としてディジー・ガレスピーの楽団で演奏もした。

この頃に、ファッツ・ナバロ、マイルス・デイビス、JJジョンソン、マックス・ローチらとも共演した。

50年6月に自動車事故を起こして入院。

ガレスピーが面倒を見て、51年5月にカムバックした。

そしてチャーリー・パーカーとも共演を果たし、クリス・パウエルの楽団に参加した。

53年にタッド・ダメロンの楽団に参加。

この年の8月に、ブルーノート・レーベルに初リーダー・セッションを録音した。

9月にはライオネル・ハンプトンの楽団の一員として、ヨーロッパに巡業に出る。

12月にハンプトン楽団を辞め、今度はアート・ブレイキーの楽団に参加した。

サラ・ヴォーンは、歌手だが、デビュー前の1931~39年にピアノを習う。

42年10月に、アポロ劇場のアマチュア・コンテストで優勝し、11月にアール・ハインズ楽団に加わってプロ歌手としてデビューした。

49年にCBSに移籍、54年にはマーキュリーに移籍した。

スタン・ケントンは、神経衰弱の病気持ちで、ブラジルに療養に行ったりもしている。

1948年12月の彼のバンドの解散も、それが原因だった。

49年後半に、45人編成の超ビッグバンドを結成した。
このバンドは、ピート・ルゴロ、ボブ・グレチンガーの作曲を取り上げた。

ウディ・ハーマンは1947年10月に1年近くの休養から復帰し、再びビッグ・バンドを率いた。

これはセカンド・ハードと呼ばれるが、そのメンバーにはスタン・ゲッツやズート・シムズがいた。

エラ・フィッツジェラルドとレイ・ブラウンは、1948年に結婚した。
しかし52年に離婚。

ケニー・クラークとカーメン・カクレエも1946年に結婚したが、48年に離婚している。

ベーシストのオスカー・ペティフォードは、オクラホマの出身でインディアンとの混血児である。

彼は酒の飲みすぎで若死にした。

(2019年12月19&21日に作成)


私の愛するジャズアルバム 目次に戻る