ジェフ・ベックの「ワイアード」①

ジェフ・ベックは、史上最高のギタリストの一人です。
エレクトリック・ギターの世界では、もはや生きた伝説になっています。

彼はとても柔軟性とチャレンジ精神があり、様々なスタイル(ジャンル)のアルバムを創っています。

今回ご紹介する『ワイアード』は、一般的にはロック・アルバムとされているのですが、
私にとってはジャズ・アルバムです。
なぜなら、とってもジャズの香りがするからです。

このアルバムが発表されたのは、1976年です。(私の生まれた年ですね)

当時は「クロスオーバー」とか言って、ジャズとロックなど、複数の音楽スタイルを合体・融合させるのが流行っていました。

このムーブメントは80年代まで続いて、やがて「フュージョン」というジャンルとして確立します。

70~80年代には、実に沢山のフュージョン・アルバムが発表されましたが、
私は『ワイアード』こそが「フュージョン作品の中の最高傑作」だと思っています。

一般的にはフュージョンの最高傑作というと、マイルス・デイビス、ウェザー・リポート、ジョージ・ベンソン、スタッフ、あたりの作品を挙げると思います。

でも私は、ワイアードの方が演奏がかっこいいし、曲もすてきだと思います。

「フュージョン」という音楽スタイルは、様々な音楽の要素を取り入れていますが、中核になっているのはロックとR&Bだと思います。

アドリブがあるのでジャズ的なスタイルだと思われがちですが、リズムも音色も、服装や態度などのファッション性も、ロック・R&Bに近いです。

だから、かっこ良さやエネルギッシュな躍動感がとても大事で、じっくりと聴かせる味わい深さはあまり重視されていないのです。

フュージョンは、ジャズの1ジャンルと位置づけされていますが、「実はジャズではないのではないか」とも思います。

私の感覚では、フュージョンのアルバムは、「ジャズに入るもの」や「ロックに入るもの」など、色んなアルバムがあります。

上記した通り、私はこのアルバムはジャズに分類します。

ジェフ・ベックは、元々はロック出身の人ですが、数多いロック・ギタリストの中でもクールでダイナミックなプレイでは、ジミ・ヘンドリックスと並んでピカイチです。

そして、デビュー当時からアドリブの冴えは伝説的なレベルでした。

だから彼は、「フュージョン」というスタイルにとってもマッチするのです。

このアルバムは、元々フュージョンと相性のいいベックが、ヤン・ハマーという最高のシンセサイザー奏者と共演をし、さらに楽曲にも恵まれたため、凄い傑作の誕生となりました。

ベックはこの作品の後にもフュージョン作品を出していますが、プレイスタイルを変えたため(ピック弾きから、指弾きに変えました)、音から切れ味や攻撃性が失われました。

私としては、何となく物足りないんですよね。

この作品に出会ったのは20歳の頃でしたが、あまりのかっこ良さに、私はギターを弾き始めていたので、耳コピーして真似しました。

しかし、全然真似になりませんでした。

今の時点から冷静に振り返ると、ここでのベックはありとあらゆるギター・テクニックを駆使していて、神技の連続です。
まだギター・テクニックをあまり知らなかった私は、真似できなくて当然でした。

当時は「何でこんな音を出せるのー?」と思いましたが、今聴くと「こんなに多彩なテクニックを次々と使っていたのか。こりゃ、ギターに詳しくないと分からんわ。」と納得できます。

まあ、とにかく凄い作品です。
エレクトリック・ギターの聖典といってもいいでしょう。

楽曲はどれもメロディアスで、リズムも練られた作りになっており、参加ミュージシャンのレベルは高いし、最初から最後まで飽きさせません。

特にギターにこだわりが無い人でも、充分に楽しめる作品です。
万人におすすめします!

ここからは、各曲の解説をしていきます。

まず、1曲目の「Led Boots」です。

イントロはドラムソロで始まるのですが、これがカッコイイんですよ!
「チチドチー」という出だしのドラムフレーズを聴いただけで、「おおっ、ワイアードの世界だ」と思わされます。

アルバムの最初の音から複雑なリズムパターンを出して、「うおっ!」と聴き手に思わせる展開に、ジェフ・ベックの妥協の無い孤高さを感じます。

このアルバムの曲は、どの曲もインパクトがすごくあって、耳に残ります。

そのため何回か聴くと、どこかで曲がかかると、最初の数音を聴いただけで「あっ、これはワイアードの中の曲だ」と分かるように、自然になります。

メロディ、アレンジ、各プレイヤーの演奏と、すべてが凄いから、ここまで印象に残るのでしょう。

イントロの後は、Aメロディになります。

ここでのベックは、高音を基調にした泣き叫ぶような音でメロディを紡ぐのですが、すごい表現力です。
聴くたびに、「ここまでギターを歌わせられるのか」と、衝撃を受けます。

彼は、チョーキング(音を曲げるテクニックの一つ)が上手いですよね。
自然に曲げてくるので聴き逃しがちですが、じっくりと聴くと絶妙な音の曲げ具合です。

Bメロディでは、8分の7拍子という変拍子を使っています。
これによって、知的な雰囲気を曲に加えています。

その後Aメロディに戻って、「ベックのソロ」に入ります。

マシンガンの様に音を出していますね。男臭い、ベック・ワールドの音です。
音数は多くないのですが、一音一音のエネルギーがすごいので、密度を感じさせます。

技術的な話になりますが、ギターアンプをフルヴォリューム近くにして、ノイズが出るギリギリの音量にする事で、この様なハードで表情豊かなサウンドを実現しています。

この「一歩間違うと(少しでもミスをすると)ノイズが出てしまう、リスキーなサウンド設定」が、ベックの真骨頂です。

ベックって、パッと見ると大雑把な荒っぽいプレイをしている様に見えるけど、
ライブ中でも細かくアンプやギターの音を調整していますよね。

ベストの音色を狙って厳しいトーン設定はするけど、ノイズが出ないように配慮を怠らず、実際にノイズは出さない。

実は、すごい繊細なプレイヤーです。
そうじゃないと、あの多彩な表情を持つサウンドは作れない。

次は3曲目の「Goodbye Pork Pie Hat」です。

この曲は、偉大なジャズ・ベーシストであるチャールズ・ミンガスの作曲です。

ミンガスが演奏したオリジナル・ヴァージョンも聴いた事があるのですが、どんなだったか
忘れてしまいました。
聴いた時に「ベックのヴァージョンの方が、かっこいいな」と思った記憶があります。

この曲はテンポが遅いので、私がフレーズ・コピーをした時に、結構真似する事ができた記憶があります。
ただ、細かいニュアンスについては、全然近づけることが出来ませんでした。

当時は分かりませんでしたが、ここでのベックは「チョーキング」「ハンマリングオン&プリングオフ」「スライド」「アーミング」「ヴォリューム奏法」「ピッキング・ハーモニクス」「ミュート奏法」といった、物凄い数のギターテクニックを次々と使用しています。

これらのテクニックを使い分けて、最適な場所で使用しているのですから、まさに神技です。

説明不要の名演なのですが、玄人的な解説をすると、『音の強弱の付け方』『様々な音色の使い分け』が、並みのギタリストと大きく違う点です。

普通のロック系ギタリストだと、バラードでも弱音をあまり入れずに、全体を通して「ドカーン」と激しくプレイしてしまうんです。

ロック系のギタリストは大抵、「ナチュラルな音色」と「弱音を活かしたプレイ」が苦手なのですが、ベックは違うんですよ。
様々なギタースタイルを、よく勉強していますねー。

彼は、自分が一番すごいと思うギタリストに、伝説的なジャズ・ギタリストである『ジャンゴ・ラインハルト』の名を挙げていました。

私もジャンゴは大好きですが、ロック・ギタリストでジャンゴをリスペクトしていると発言する人は、なかなか居ないです。
ベックの他には、ジミー・ペイジとジェリー・ガルシアくらいしか知りません。

ベックを始め、1960年代に出てきたイギリス出身のロック・ギタリスト達は、実に様々な音楽を聴いて勉強していますよね。

その後の世代のロック・ギタリストになると、ロック以外は聴かない人が多くなってしまい、そのためにロックが味気ない単調なものになってしまいました。
すごく残念です。

※ 長文になりそうなので、2回に分ける事にします。

(続きはこちらです)

(2013年1月17日に作成)


私の愛するジャズアルバム 目次に戻る