マイルス・デイビスの「ブルー・ヘイズ」おまけ
「Four」「Tune Up」「Miles Ahead」のコード進行

  おまけとして、「Four」「Tune Up」「Miles Ahead」のコード進行を紹介します。

  この3曲は、コード進行がしゃれていて、私の大好きな曲です。
  マイルスのプレイは、素晴らしい出来ですねー。

  演奏される方は、マイルスの軽やかさや知的なフレージングに、注目してみて下さい。

  私はマイルスのフレーズをコピーして、マイルスに合わせて演奏してみましたが、
  軽やかさや粋な感じがなかなか出せなかったです。

  そういったニュアンスを出せるかどうか、なんですよね。ジャズは。

「Four」   キーはE  形式はAB

 A

|EM7        |EM7       |Em7       |A7       |

|Fm7(9)       |Fm7(9)       |Am7       |Am7  D7   |

|Gm7         |Gm7(11)     |Fm7       |D7(♯11)    |

|Gm7         |Gm7(11)     |Fm7       |B7(13)     |

 B

|EM7        |EM7       |Em7       |A7       |

|Fm7(9)       |Fm7(9)       |Am7       |Am7  D7   |

|Gm7         |Gm7(11)     |Fm7       |D7(♯11)     |

|Gm7  Gm7(11) |Fm7   B7   |EM7      |Fm7   B7   |

○ エンディング (Bの13小節目から)

|Gm7  Gm7(11) |Fm7   B7   |Gm7       |C7         |

|Gm7  Gm7(11) |Fm7   B7   |EM7      |EmM7       |

○ コード進行の解説

  の3~4小節目は、Dのキーに転調しています。
  DキーのⅡ-Ⅴ進行です。

  5小節目は、元のEキーに戻って、そのⅡm7になります。

  普通だと5小節目は、DM7(Dキーのトニック)に進行するのですが、そうならずにFm7に
  進むのがポイントです。

  なぜここまでスムーズにFm7(EキーのⅡm7)に移動できるのかは、よく分からないです。
  DとFm7は、構成音が似ているので、スムーズに移行できるのでしょうか。

  10小節目は、普通はC7(Ⅵ7)にする所ですが、Gm7(Ⅲm7)で代理しています。
  ここの所が、この曲の一番の特徴ですね。

  Gm7→Gm7(11)→Fm7と、m7コードが続いていくので(7コードが入らないので)、
  軽やかに進むし、切ない感じが(ブルーな感じが)出ます。

  同じ代理を、の13小節目でも行っています。

  12小節目は、普通だとB7に進むのですが、意表を突いてD7に行きます。

  D7は、Ⅱ-Ⅴ化するとAm7ーD7になり、13小節目のGm7への半音上からの
  アプローチ・コードだと分かります。

  この、「半音上のコードを挿入して、そこから下降するアプローチ」は、ジャズでは
  よく使われます。

  エンディングの最後のEmM7は、1度、5度、M7度、10度(短3度)で音を重ねると、
  ばっちりと決まります。

「Tune Up」   キーはD  形式はAB

 A

|Em7(11)      |A7(♯11)       |DM7        |DM7       |

|Dm7(11)      |G7(♯11)       |CM7        |CM7       |

|Cm7        |F7          |BM7       |BM7      |

|Em7(11)      |F7          |BM7       |A7        |

 B

|Em7(11)      |A7(♯11)       |DM7        |DM7       |

|Dm7(11)      |G7(♯11)       |CM7        |CM7       |

|Cm7        |F7          |BM7       |BM7      |

|Em7(11)      |A7          |DM7        |DM7        |

 ○ エンディング (Bの13小節目から)

|Em7(11)      |A7          |DM7(♯11)     |DM7(♯11)    |

 ○ コード進行の解説

  この曲は、基本的に全音下のキーに次々と転調していく構造をしています。

  の13小節目のEm7(11)は、DキーのⅡm7です。

  そこから、いきなりBキーに転調して、BキーのⅤ7のF7に行きます。

  そして16小節目には、Dキーに戻るために、DキーのⅤ7であるA7に行きます。

  エンディングのDM7(♯11)は、1度、3度、M7度、10度、♯11度と重ねると、バッチリ
  決まります。

「Miles Ahead」  キーはB  形式はAABA

 イントロ (テンション・ノートが多いので、2小節で1行にしました)

|Cm7(9)onB              |Cm7(9)onB    F7(♭9♭13)onA  |

|Bm7(9)onA            |Bm7(9)onA   E(♭9♭13)onG  |

|Am7(9)onG              |Am7(9)onG   D(♭9♭13)    |

|G♭(9)      G           |F7(♭9)onG                |

 A

|Cm7       |F7          |B   E7   |Am7    D7   |

|Cm7       |Bm7    E7   |Cm7   F7    |BM7   (G7)   |

 A

|Cm7       |F7          |B   E7   |Am7    D7   |

|Cm7       |Bm7    E7   |Cm7   F7    |BM7  (Bm7 E7) |

 B

|AM7        |Am7   D7    |GM7        |Bm7-5  E7   |

|Am         |Am          |Bm7   E7   |Bm7   E7    |

 A

|Cm7       |F7          |B   E7   |Am7   D7   |

|Cm7       |Bm7    E7   |Cm7   F7    |BM7  (G7)   |

 ○ コード進行の解説

 イントロは大変に見づらくなっていますが、私がギターで弾くと、4声部でかちっと合います。

 トップ・ラインとベース・ラインが、半音で降りていく形になっています。

 これは、Ⅱ-Ⅴ進行を使って、次々と転調していくパターンです。

 の4小節目は、5小節目のCm7へのドミナント・アプローチの変形です。

 本来だとG7になるのですが、それを裏コードのD7にして、さらにAm7 D7とⅡ-Ⅴ化して
 います。

 の6小節目は、めったにないパターンです。

 5小節目のCm7(Ⅱm7)を、1回半音さげてBm7にし、再び7小節目でCm7に戻すという、
 強引な進行です。

 これは、気合で解決するしかないです。

 に入る直前のBm7 E7は、の1小節目のAM7に転調するためのⅡ-Ⅴ進行です。
 入れても入れなくてもいいのですが、入れた方がスムーズになります。

 は、最初はAキーで始まります。

 そしてすぐに2小節目で、Gキーに転調します。

 さらに4小節目で、今度はAmに転調します。

 6小節目からは、の最初のコードであるCm7に向かって、Bm7→Bm7と半音づつ上がって、
 強引に転調しつつ近づいていきます。

 はっきり言って、この曲のコード進行は、激ムズです。

 こんな強引な進行なのに、メロディアスなフレーズで自然にアドリブ演奏できるマイルスと
 ジョン・ルイスは、人間じゃないと思います。

 聴いていると、「あなたは人間ですか!?」と思ってしまいます。

 この時期のマイルスって、こういったシステマチックに組み立てた曲を、いくつも書いています。

 彼の場合、バランス感覚と抜群のセンスがあるので、こういう少々ひねくれたコード進行の
 曲でも、頭でっかちにならない(かっこ悪いメロディにならない)んですよね。

(2013年6月22日に作成)


私の愛するジャズアルバム 目次に戻る