ケニー・ドーハムの「クワイエット・ケニー」②

ここからは、『クワイエット・ケニー』の残りの曲を紹介していきます。

最初に、参加メンバーを再び書いておきます。

ケニー・ドーハム(tp)  トミー・フラナガン(p)  ポール・チェンバース(b)

アート・テイラー(ds) です。

まず、5曲目の「Blue Spring Shuffle」です。

この曲は、シンプルなブルース曲です。
ドーハムはたくさんのブルースを演奏していますが、ここでの演奏は特にかっこいいと思います。

とにかくアレンジがいいんですよ。 展開の素晴らしさに、しびれますねー。

イントロは、ポール・チェンバースの独奏で始まります。

ポールは最高のリズム感をしているので、シンプルに4ビートで弾いていくだけなのに
めちゃくちゃかっこいいです。

この味は、ポールじゃないと出ないですねー。
彼は、深い音色と、優しくも激しいビートをしていて、私は大好きです。

テーマ・メロディは、良くある感じのメロディです。

ここでは、アート・テイラーのハイハットが聴き所だと思います。
「チーー、チッチ、チーー」とごく普通の形で叩いているのですが、スーパー・スウィングしています。

切れ味やバネがはんぱではなく、躍動感に溢れていますね。
この軽やかなスウィング感は、テイラーならではです。

要所に「ダアッ」と入れるスネアも、ツボを心得ていて、決まってます。

そして、ドーハムのソロが始まります。

何気なく吹いてますが、メロディアスで、1つ1つのフレーズにしっかりとした歌心があります。

ほんと、この日のドーハムは絶好調ですね。
肩から力が抜けている感じで、とても自然に演奏しています。

ドーハムの後には、フラナガンのソロが続きますが、こちらも粋で軽やかに歌っています。

フラナガン・ソロの後は、『第2のテーマ・メロディ』が出てきます。

曲頭のテーマ・メロディとは別の、もっと軽やかな、リズムを強調したウキウキするメロディです。
曲の中間にこのメロディを入れる事で、休憩というか景色を変えるような構成にしています。

このアレンジが、実にすてきなのです。

特に、ドーハムとポールがユニゾンでメロディを奏でる所が、最高にジャッジーで素晴らしい。

トランペットとウッドベースがユニゾンで奏でるなんて、なかなか聴けないです。

スーパー・テクニシャンのポールだからこそ、ここまでスムーズに管楽器と溶け合えるのです。
普通のベーシストには、まず無理な芸当です。

ウッドベースでここまでの軽やかさを出すのは、信じられない位に大変なんですよ。

「ンンダ、ダダダ、ダーダ」というメロディの隙間に、合いの手として入る、ドラムのスネアの「ンタ!」というフレーズも、最高ですねー。

これぞジャズ! といった雰囲気で、良い気分になります。

第2のメロディで遊んだ後は、ベース・ソロになります。

いつも通りのポールのすてきなソロが披露されるのですが、最後に『第2のメロディ』を弾き始めます。

そして、そのメロディの合間に、ドーハムがドラムと一緒に「ンパ」と合いの手を入れるのです。

ドーハムは最初は沈黙をしていて途中から合いの手を入れ始めるので、即興で入れたと思うのですが、素晴らしいアイディアだった思います。
演奏に温かいエネルギーを注ぎ込む効果をもたらしていますね。

この曲では、全員に一体感があり、リズムは躍動しているのに自然な響きを保ち、とても滑らかな感じがします。
この滑らかさが、スウィングするのには大切なんですよねー。

次は、6曲目の「I Had The Craziest Dream」です。

私は、この曲がこのアルバムのハイライトだと思います。

私はこの演奏が、大大大好きなのです。

初めて聴いた時から、「何と美しい演奏なのだろう」と、感動しっぱなしです。

この演奏は、とにかく最初から最後まで、美しいの一言です。

最高にスウィングしているし、ドーハムのソロは完璧な構成です。

これ以上に素晴らしいドーハムの演奏は、聴いた事がないです。

これを聴いて何も感じなかったら、ジャズは向いていないのではないでしょうか。
そう言える位に、圧倒的な名演です。

テーマ・メロディは、ドーハムはシンプルに飾り気なく吹くのですが、メロディの小粋さがドーハムの柔らかい音色と最高にマッチしていて、大感動します。

彼の吹き方が(ニュアンスの付け方が)素晴らしいため、メロディが耳に焼き付いてしまい、聴くたびに一緒に歌ってしまいます。

彼はアドリブに入ってからも最高で、私はこの曲でのドーハムは、残された全録音の中で一番のアドリブをしていると思います。

最初から最後まで、一音も無駄になっていない、最高のアドリブです。 
奇跡のアドリブです。 神秘的なエネルギーを感じるほどです。

ドーハムの後は、フラナガンのソロになりますが、このソロも美しいです。

ここまではベースは2ビートでしたが、ここからは4ビートになり、一気に演奏が華やかになります。

前奏者のドーハムに比べて、フラナガンは3連符的な「タータ、タータ」というリズムを強調していて、ぐいぐいとリズムを引っ張っていきます。

ドーハムの「タタ、タタ」という普通の8分音符的なリズムからは、がらりと空気が変わります。

この変化が、おしゃれなんですよー。

少し話が脱線しますが、ドーハムは基本的に、あまり3連符的なリズムにしない人ですね。

8分音符を「タータ、タータ」という3連符のニュアンスにすると、すごくスウィングするのですが、やかましい響きになってしまう時があります。

ドーハムは、静かな優しい表現や微妙なニュアンスを重視するスタイルなので、
あまり3連符にしたがらないです。
マイルス・デイビスも同じ傾向にあります。

逆に、クリフォード・ブラウンは常に3連符にします。
これでもかというほどに、3連符のリズム感で演奏してきますよねー。

話を戻しますが、フラナガンのソロの後にはテーマ・メロディに戻ります。

最初の時と同じに、メロディをそのまま崩さずに吹いていますが、表情が豊かなので
まったく飽きがきません。

ドーハムの表情の付け方の上手さには、ほんと脱帽します。

これで『クワイエット・ケニー』からの紹介は終えますが、別のアルバムですが、
どうしても紹介したい大好きな演奏が1つあるので、おまけとして追加したいと思います。

私のウェブサイトでは、他のケニー・ドーハムのアルバムは紹介しない予定なので、
蛇足になるかもしれませんが無理矢理に追加いたします。

紹介したいのは、『JAZZ CONTRASTS』というアルバムに入っている、
But Beautiful」です。

この演奏は、とんでもなく美しい、天国の音みたいな内容です。

マジでお薦めです。 ぜひ聴いてみて下さい。

3分足らずの短い演奏ですが、ドーハムはスロー・テンポで、この曲のメロディを最高の解釈で吹いています。

この曲は、切なく甘いメロディをしていますが、なかなかメロディの良さを表現できない
難易度の高い曲です。
それを、完璧なものとして仕上げているのです。

このアルバムでは、ジャズでは大変に珍しい事に、ハープが数曲で参加しています。
これが効いているんですよ。

ハープが、いい感じに音の隙間(空間)を埋めて、スモール・コンボだと薄いサウンドになりがちなバラード曲を、密度の濃いものにしています。

アレンジも優れており、イントロではドーハムがルバート・テンポぎみで吹き始め、
ベースが弓弾きでサポートします。

そして6小節目から、ベースは指弾きに替えて、「ドオーッ、ドオーッ」と弾きはじめます。

この指弾きになる瞬間が、とてもかっこいいです。
それまでの緊張が解き放たれる感じで、ぐっと来ます。

このアルバムでは、ベースはオスカー・ペティフォードが弾いています。

ペティフォードは、音が太くて重厚だし、リズムも落ち着いているし、素晴らしいベーシストですね。
若くして亡くなったのが残念です。

この曲でのドーハムの音色と表情は、真に最高です。

心にしみじみと響きます。 油断すると涙が出そうになるくらいです。

エンディングもしゃれていて、ドーハムが同じ音をずーと伸ばしている間に、
バックのピアノとベースがコード・チェンジしていくという、「ペダル・ノート」という音楽手法を使っています。

「ペダル・ノート」の手法は、作曲やアレンジでは定番なのですが、ここまでかっこ良く
決まっている事は滅多にないです。

かなり長い間、ドーハムは音を伸ばし続けて、切らさずに吹いています。
肺活量がありますねえ。

ドーハムが美しいメロディの曲を、メロディを崩さずに(フェイクせずに)ゆったりと素直に吹くと、芸術品が作られます。

それなのに彼は、ブルース曲やアップテンポの激しい曲や、難解な自作曲を演奏する事が多かった。
「もったいねー!」と、私は感じていますよ。

良いアレンジャーを起用して、スタンダード曲を丁寧に吹くアルバムを作っていたら、
もっと彼は評価されていたと思います。

誰にも真似できない美しい音色と、優しく円やかな表現力を持っていましたから。

(2013年9月4日に作成)


私の愛するジャズアルバム 目次に戻る