ケニー・ドーハムの「クワイエット・ケニー」おまけ
「I Had The Craziest Dream」「But Beautiful」のコード進行

 おまけとして、「I Had The Craziest Dream」と「But Beautiful」のコード進行を
 紹介します。

 But Beautifulは、『JAZZ CONTRASTS』に収録されている曲です。

 ここでのドーハムのプレイは最高なので、コピーしたくなる人がたくさん居ると思います。

 ぜひ参考にして下さいませ。

「I Had The Craziest Dream」  キーはC  形式はAB

 イントロ 

 ここは、小節数が分からない感じです。
 全部で6拍子で、コードが1拍ごとに変わっていくので、それで書きます。

 基本的には、Cキーのダイアトニック・コードを使って、その中で動いているだけです。

 最後の2コードは、テンション・ノートを入れて、「これからテーマに入るよー」という
 盛り上げ感を出しています。

|Dm7  Em7  FM7  G7  Dm7(11) G7(♭9 ♭13)  |

 A

|CM7   Dm7   |Em7   A7   |Dm7   A7   |Dm7   A7  |

|Dm7         |G7         |Em7   A7   |Dm7   G7   |

|Em7-5        |A7         |Dm7   A7   |Dm7       |

|Fm7-5  B7    |Fm7-5   B7  |Em7   A7   |Dm7   G7  |

 B

|CM7   Dm7   |Em7   A7   |Dm7   Em7   |Fm7  B7  |

|Em7   A7   |Dm7   G7    |CM7   A7    |Dm7   G7   |

○ コード進行の解説

 この曲は、Aが16小節、Bは8小節という、変わった構成になっています。

 Aの3~5小節は、Dm7が続くのですが、それだけだと淋しいので、Dm7のドミナント・
 コードであるA7を間に入れてあります。

 ジャズではよくあるアレンジです。

 Aの13~14小節は、15小節のEm7に行くためのⅡ-Ⅴ進行です。

 ここは、一時的にEmに転調していると考えてプレイすればいいでしょう。

 は、基本的にダイアトニック・コードで構成されていますが、4小節目だけがⅣmになって
 短調からの借用和音になっています。

 この部分がかっこいい所なので、間違えてFM7を弾いたりしないようにしましょう。

 エンディング (Bの最初から)

|CM7   Dm7   |Em7   A7   |Dm7   Em7   |Fm7  B7  |

|Em7   A7   |Dm7   G7    |Em7-5       |A7        |

|Dm7         |G7         |CM7   G7   |CM7       |

 エンディングは、7小節目からBとは違う展開になります。

 7小節目は、普通だとEm7にする所ですが、ここではドーハムが非常にブルーな響きを
 出しているのでEm7-5の方がしっくりきます。

 11小節目は、そこで終わってもいい場面ですが、ピアノが色々なコードに動くので、
 ベースのチェンバースは「まだ終わりじゃないのだな」と感じて、途中でGを弾きます。

 なので、G7を入れておきました。

「But Beautiful」   キーはG  形式はAB

 A

|G    GonD   |Bm7-5  E7     |Am7   D7    |Cm7-5  F7  |

|Bm7         |Dm7         |A7          |A7        |

|Am7   D7    |Bm7    Em7  |Am7   D7    |G         |

|Em   EmM7    |Em7   A7    |Bdim       |Am7   D7    |

 B

|G    GonD   |Bm7-5  E7    |Am7   D7    |Cm7-5  F7  |

|Bm7         |Dm7   G7    |A7         |A7         |

|D7   D7onC   |Bm7   Em7  |CM7   Fm7-5 B7 |Em7  F7  |

|GM7         |Am7   D7     |G    Bm7 E7 |Am7   D7     |

○ コード進行の解説

 スタンダード・ジャズ・ハンドブックに書かれているコード進行とは、かなり違っています。

 この進行(ハーモナイズ)は、とてもかっこいいですねー。

 Aの6小節目のDm7は、7小節目のA7をトニック・コードに見立ててのⅣmだと思うの
 ですが、少々謎です。

 GキーのⅤmという可能性もありますかねー。

 13~14小節目は、半音で下降するクリシェ進行です。こいつはよく出てきますよね。

 その後には、Bdim(Ⅲdim)になります。 とてもおしゃれなアレンジです。

 Bの9小節目は、D7が続く中でベースがD→Cと動きます。
 そして、10小節目のBに繋がります。

 こうしたベース・ラインの滑らかな動きは、ポピュラー・ミュージックでよく使われます。

 この曲では、録音時間に制約があったのか、長く演奏するとダレると思ったのか、
 テーマ(A+B)を吹いた後には、Aに戻らずにいきなりBに行き、そのままエンディング
 に入ってしまいます。

 つまりA→B→Bの順番で演奏されています。

 エンディング (Bの13小節目から)

|GM7         |Am7   D7     |Bm7       |Em7        |

|Am7         |D7          |C   B7(-13) |B♭(13)  A7  |

|AM7(9 13)    |G          |

 C(7小節目)からは、C→B→B→A→A→Gと、コードが半音で下降していきます。

 この下降中に、ドーハムはずっとGの音を出し続けます。
 これは「ペダル・ノート」というアレンジ手法なのですが、ここでは最高に決まっていますね。

 このエンディングが、私は大好きなのです。
 何度聴いても、感動します。

(2013年10月1日に作成)


私の愛するジャズアルバム 目次に戻る