おまけ① 「Jiant Steps」「Spiral」のコード進行

  ここからは、おまけとして、「ジャイアント・ステップス」の中の曲から、
  5曲のコード進行を紹介します。

  まず、1曲目の「Jiant Steps」です。

  この曲は、本文でも書きましたが、コード進行が異常なほど難しいです。

  私は、この曲は難しすぎると思うし、人前で演奏する曲ではなく、『練習曲』だと思います。

  ライブで取り上げて、好演にするのは不可能だと思います。

  正直に言って、誰かのライヴを聴きにいって、「次の曲は、Jiant Stepsです」と
  アナウンスされたら、(ぐちゃぐちゃのひどい演奏を聴かされるのだな)と思い、
  (しょうがない、我慢しよう)と考えるでしょう。

  私自身が演奏して、深い心の傷を負った経験もあるし、ここで取り上げるか迷いました。

  でも、アルバム・タイトルにもなっているし、取り上げないのは片手落ちな気がするので、
  書きます。

  外で演奏する際は、くれぐれも気をつけて下さい。
  うかつに演奏すると、痛い目をみて、トラウマを生じます。

「Jiant Steps」   キーはB  形式はABAB

 A

|BM7   D7    |GM7  B(13) |EM7      |Am7(9)  D7  |

|GM7   B7   |EM7  G(13) |BM7       |Fm7(9)  B7  |

 B

|EM7       |Am7(9)  D7   |GM7       |Cm7(9) F(13)

|BM7       |Fm7(9) B(13) |EM7      |Cm7(11) F7  |

 A

|BM7   D7    |GM7  B(13) |EM7      |Am7(9)  D7  |

|GM7   B7   |EM7  G(13) |BM7       |Fm7(9)  B7  |

 B

|EM7       |Am7(9)  D7   |GM7       |Cm7(9) F(13)

|BM7       |Fm7(9) B(13) |EM7      |Cm7(11) F7  |

○ コード進行の解説

  Aは、「BM7→GM7→EM7」、「GM7→EM7→BM7」と、
  『2度下のキーに転調していく』構造になっています。

  間に入ってくるD7などのセブンス・コードは、スムーズに転調するために挿入された
  ドミナント・コードです。

  これは、いわゆる「ドミナント・アプローチ」という奴です。

  Bは、EM7→GM7→BM7→EM7と、『3度上のキーに転調していく』構造に
  なっています。

  こちらも「ドミナント・アプローチ」が使われていますが、ドミナント・コードは
  Ⅱ-Ⅴに分割されています。

  この説明で分かるように、この曲は『がんがん転調していく曲』です。

  いちおう基になるキーはB(1小節目のキー)ですが、どんどん転調するので、
  基本のキーはあって無い様なものです。

  この曲は、転調を練習するための曲と言っていいでしょう。

  それ以外に、こんな難しいコード進行にする理由は考えられません。

  転調というものは、普通は1曲の中に1~3回くらいです。
  あまり転調をしすぎると、聴き手が混乱してしまいます。

  コルトレーンのこの曲は、作曲のセオリーを完全に無視した、アドリブの探究に特化した
  ものです。

  この曲は、私が演奏した中では、いちばん難しい曲でした。
  ジャズの曲の中でも、最も難易度の高い曲の1つでしょう。

  くり返しになりますが、外で演奏する際は、細心の注意を払って下さい。
  単なる騒音を出す事になる可能性は、極めて高いです。

  攻略法としては、がんがん転調はしますが、出てくるキーはB、G、Eの3つだけなので、
  「次はこのキーだ」と転調先を把握し続ければいいです。

  ただし転調のスピードが速いので、常人では頭が混乱してきて、追いつけなくなります。

「Spiral」   キーはD   形式はAABA

 A

|GonD         |GonD        |FonD        |EonD       |

|EonD        |D           |Gm          |Gm   F(♭13)

|Bm7         |Cm7(-5) F7 |Bm7        |Em7   A7   |

 A

|GonD         |GonD        |FonD        |EonD       |

|EonD        |D           |Gm          |Gm   F(♭13)

|Bm7         |Cm7(-5) F7 |Bm7        |Em7(9) A7(13)

 B

|G7          |G7          |Bm7        |Bm7        |

|Em7         |A7          |DM7   Em7   |F    A7    |

 A

|GonD         |GonD        |FonD        |EonD       |

|EonD        |D           |Gm          |Gm   F(♭13)

|Bm7         |Cm7(-5) F7 |Bm7        |Em7   A7   |

○ コード進行の解説

  この曲は、Aが12小節、Bが8小節で、12+12+8+12という、
  変わった構成をしています。

  Aの前半部分は、Dの音がベース・ノートとして続きます。

  いわゆる「ベース・ペダル」です。

  Dのベース音に乗って、上のコードはG→G→F→E→Eと、半音で下降します。

  この動きは、理論的に説明すると、Dのキーの中で、Ⅳ(G)のコードから半音で
  降りていく進行です。

  このⅣ(サブ・ドミナント)からⅠ(トニック)に半音下降していく進行は、
  ジャズではエンディングでよく使われます。

  しかし、テーマの最初に使う例は、まずありません。
  とても変わった(とんがった)曲ですね。 さすがコルトレーンです。

  Gから半音下降していって、トニック・コードのDに6小節目でたどり着くわけですが、
  Dに来た時には、すでに7小節目からのGmのキーに向かっています。

  6小節目のDは、トニックというよりも、7小節目のGmに対するドミナント・コード
  になっています。
  ドミナント・コードの響きがします。

  7小節目からはGmのキーになりますが、8小節目でF7を入れて、9小節目には
  Bmのキーに移ります。

  そうして、12小節目にはEm7 A7を入れて、元のDのキーに戻ります。

  (Em7 A7は、DキーのⅡ-Ⅴ進行です)

  Ⅱ-Ⅴ進行を入れて、Dに行くかと思わせておきながら、13小節目ではGに行く
  わけです。
  そうして、また半音で下降し始めます。

  ああ、ややこしい!

  Bに入る直前のEm7ーA7(24小節目)ですが、ここから次のコードのG7に進むのは、
  かなり強引な進行になります。

  そのため、Em7(9) A7(13)とテンション・ノートを入れて、柔らかい感じ
  にした方がいいようです。
  フラナガンは、そうやっています。

  Bに入ると、Bmのキーになります。

  最初のG7は、BmのキーのⅥ7です。

  Bの5小節目からは、元のDキーに戻って、Ⅱ-Ⅴ-Ⅰ-Ⅱ-Ⅲ-Ⅴと進行します。

  8小節目のF(Ⅲ)は、短調からの借用和音で、Ⅰmの代理コードです。

  ちなみに、この曲のエンディングは、こうなっています。

 エンディング (最後のAの9小節目から)

|Bm7       |Cm7(-5) F7  |Bm7       |Cm7(-5) F7  |

|Bm7       |Cm7(-5) F7  |Bm7       |F(♯9)     |

|Bm7      |

  どうですか? このややこしい曲たちは。

  これを愛奏曲にするには、ミューズにならないと無理です。

  練習曲として活用するのが、ベストですねー。

  残りの3曲のコード進行は、おまけ②に書きます。
  こちらの曲たちも、難曲ですよ!

(2013年11月6日に作成)


私の愛するジャズアルバム 目次に戻る