おまけ②
「Syeeda's Song Flute」「Mr.P.C.」「Naima」のコード進行

 おまけ②では、「Syeeda's Song Flute」、「Mr.P.C.」、「Naima」の3曲について、
 コード進行を紹介します。

 まず、1曲目の「Syeeda's Song Flute」です。

 この曲は、本文では取り上げなかったのですが、試しにコード進行を採ってみたところ、
 すごい面白い進行をしております。

 コード進行にとても特徴があるので、CDに合わせて一緒にコードを弾くだけで、
 楽しめます。

 なので、紹介する事に決めました。

「Syeeda's Song Flute」  キーはG  形式はABA'C

 A

|G          |G        |G        |F        |

|G          |G        |G        |G       |

|G          |G        |G        |F        |

|G          |G        |G        |G       |

 B

|Gm          |A        |Gm         |A       |

|Gm          |A        |Dm7  Gm    |A   A   |

 A'

|G          |G        |G        |F        |

|G          |G        |G        |G       |

 C

|E          |EonB   E   |D        |DonA   D    |

|E          |EonB   E   |G       |GonD  G   |

○ コード進行の解説

 重要なので最初に書きますが、この曲は『テーマの時とアドリブの時では、コード進行が
 一部だけ変わります』。

 上に書いているのは、テーマ時のコード進行です。

 具体的には、次の2つが、アドリブ・パートになると変わります。

 ①  Aの4小節目と12小節目のF、 A'の4小節目のFは、
    アドリブ・パートに入るとGになる

 ②  Bの7~8小節目は、 Gm      |Am7  D7  | に変わる

 元のコード進行のままだと、あまりにややこしいので、アドリブでは一部を簡略化したのでしょう。

 Aは、基調となるGキーから、上のGキーに行ったり、下のFキーやGキーに行きます。

 要するに、1小節ごとに転調します。 あり得ない事をしますね、コルトレーンって。

 この進行で、そんなに変な流れに聴こえないのですから、凄いと思います。

 Gは、転調したと考えずに、Gに対する裏コードと考える事もできます。

 Fも、Ⅶ7と考える事もできそうです。

 Bは、Gmのキーに転調するのではなく、Fmのキーに転調して、FmキーのⅡとⅢを
 行ったり来たりしています。

 7小節目の|Dm7  Gm    |で、ついにGmのキーになり(ⅤmーⅠmの進行)、
 8小節目ではA'の1小節目であるGに、半音下降の進行で向かいます。

 A'は、Aが半分の長さになったものです。

 Cは、ベースが途中で5度の音を入れるので、on~と書いて、ベース音の動きも表記しました。

 次は、6曲目の「Mr.P.C.」です。

 この曲は、それほど難しくありません。 今までの曲に比べると、天国のように感じる
 ほどです。

 基本はマイナー・ブルースで、そこにジャズらしくするために、ドミナント・コードを
 追加していったものです。

「Mr.P.C.」   キーはCm

|Cm7         |Dm7-5  G7   |Cm7   G7    |Cm7   C7   |

|Fm7 (C7(♭13))|Fm7   G7   |Cm7  G7     |Cm7       |

|D7(♯9)       |G7        |Cm7   G7    |Cm7   G7    |

○ コード進行の解説

 3、4、6、7小節目のG7やC7は、無くてもいいのですが、あるとジャッジーになります。

 これは、「ドミナント・アプローチ」と呼ばれる、ジャズ的なアレンジ手法です。

 ここでは当然ながら、ほぼ常にフラナガンは入れています。

 5小節目のC7(♭13)は、お好みで入れたり抜いたりして下さい。

 無くても、ぜんぜん平気です。

 11~12小節目は、普通だと |Cm7     |Dm7-5  G7   | になります。

 でもここでは、上記のようになっています。

 アドリブに入ってからも、上記の進行のままでプレイしています。

 この曲のエンディングは、こうなっています。

 エンディング (最後のテーマ時の9小節目から)

|D7(♯9)      |G7        |Cm7  G7    |Cm7        |

|D7(♯9)      |G7        |Cm7  G7    |Cm7        |

|CmM7      |

 いちばん最後の小節についてですが、コルトレーンがM7の音を吹いて曲が終わるので、
 CmM7のコードを追加しておきました。 別に無くてもいいです。

 フラナガンは、普通にCm7を弾いて終了しています。

 最後に、9曲目の「Naima」です。

 この曲は、アルバムの6曲目にオリジナル・ヴァージョンが収録されていますが、
 私は9曲目の「別テイク」の方をコピーしました。

 コピーするにあたって、かなりコード進行が難しいので、ネットでコード進行を調べました。

 それを参考に弾いてみましたが、どうもしっくりきません。

 M7コードが多用されている様に解釈されているのですが、私の耳で聴くと、
 M7コードとされている部分の多くが、マイナー・コードに聴こえるのです。

 仕方がないので、自力でコードを採っていきました。
 まあ、私のウェブサイトで紹介しているコード進行は、ほとんどが自力コピーですけど。

 一般的なコード・ブックと違う進行かもしれませんが、こっちの方が正しいと思います。

 なお、1つのコードの表記が長くなるため、2小節で1行にします。

「Naima」   キーはAM7  形式はAABA

 A

|DM7onE                |Em7(9)             |

|Em7-5(11)  Dm7-5(11)onE  |AM7               |

 A

|DM7onE                |Em7(9)             |

|Em7-5(11)  Dm7-5(11)onE  |AM7               |

 B

|Am(9)onB              |B(♭9、13)           |

|Am(9)onB              |B(♭9、13)           |

|Bm(9)onB               |Am(9)onB           |

|AM7onB               |EM7onB             |

 A

|DM7onE                 |Em7(9)            |

|Em7-5(11)  Dm7-5(11)onE  |AM7               |

( |Em7-5(11)  Dm7-5(11)onE  |AM7             | )

○ コード進行の解説

 Aは、1~3小節目は、Eの音がベース音として持続します。
 同じベース音に乗って、コードが変わっていきます。

 コード表記だけだと、理解しづらい人もいると思います。
 そこで、各コードの構成音も書いておきます。

 下記の音を、左から順番に、音を上に重ねていきます。
 私がギターでコピーする限りでは、このコードでばっちりはまります。

 DM7onEは、  E、A、D、F、C

 Em7(9)は、   E、G、D、F

 Em7-5(11)は、  E、A、D、A

 Dm7-5(11)onは、  E、G、B、G

 AM7は、   A、E、G、C、E

 Bは、今度はずっとBの音が、ベース音として持続します。

 Bのベース音の上で、コードが動いていきます。

 こちらも、分かり易くするために、コードの構成音を書きます。
 左から順番に、音を上に重ねていって下さい。

 Am(9)onBは、  B、A、B、E、B

 B(♭9、13)は、  B、A、B、D、G

 Bm(9)onBは、  B、B、D、G、D  (2つ目のBは、オクターブ上げる)

 AM7onBは、  B、A、C、E、G

 EM7onBは、   B、E、A、E

 最後のAの5~6小節目は、カッコで示しましたが、おまけ的に加えられる小節です。
 コルトレーンは入れているので、一応書きました。

 コルトレーンは、テーマを吹いた後に、AABAと1コーラスのソロを取ります。

 その後テーマに戻るのですが、、普通ならば最初のAに戻るところを、いきなりBに行き、
 BAと吹いてエンディングに入ります。
 つまり、AAを省略しています。

 各コードの機能についてですが、最初のDM7はⅣ、次のEm7はⅤmだと思います。

 その後の、3小節目のEm7-5とDm7-5は、機能がよく分かりません。

 6曲目のオリジナル・ヴァージョンでソロをとっているウィントン・ケリーは、
 ここをAM7 GM7にして弾いています。

 コルトレーンはEm7-5 Dm7-5で解釈しているし、アドリブのフレーズも
 m7-5のスケールを使用しています。

 BのAmーB7は、Emのキーに転調した上で、ⅣmーⅤ7の動きをしています。

 Bの5小節目からは、よく分かりません。

 最後に、エンディングのコード進行を書いておきます。

 エンディング  (最後のAの始めから)

|DM7onE               |Em7(9)             |

|Em7-5(11)  Dm7-5(11)onE  |AM7               |

|Em7-5(11)  Dm7-5(11)onE  |AM7               |

|Em7-5(11)  Dm7-5(11)onE  |AM7     DM7       |

|AM7     DM7         |AM7(9)   DM7       |

|AM7(9)               |

(2013年11月8~11日に作成)


私の愛するジャズアルバム 目次に戻る