ビル・エバンスの「エブリバディ・ディグズ」おまけ①
「Minority」のコード進行

「エブリバディ・ディグズ」の1曲目に収録されている「Minority」は、本文でも書きましたが、とてもかっこいい演奏です。

変わった響きの曲なので、以前にコード進行を調べた事があります。

おまけとして、「Minority」のコード進行を紹介いたします。

「Minority」   キーはFm  形式はAA

 イントロ

ここは、基本的に |Fm(9)     |C7(♯9)   | のくり返しです。

テンション・ノートが変わるので、違ったコードに聴こえますけど。

ちなみに最初の4小節は、こうなっています。

|Fm(9)       |C7(♯9)      |Fm(9)       |C7(♯11)    |

 A

|FmM7(9)      |Dm7-5      |Gm(9)       |C7(♭9 13)    |

|FmM7(9)      |Dm7-5      |Cm7(9)      |F7(9 13)     |

|Bm7(9)      |E(9 13)     |Am7(9)      |D(9 13)    |

|Fm7(9)      |Fm7(9) B7(♯11) |Gm7(9)    |C7(13)  C7(♭13) |

 A

|FmM7(9)      |Dm7-5      |Gm7(9)      |C7(♭9 13)    |

|FmM7(9)      |Dm7-5      |Cm7(9)      |F7(9 13)     |

|Bm7(9)      |E(9 13)     |Am7(9)      |D(9 13)    |

|Fm7(9)      |Fm7(9) B7(♯11) |Gm7(9)    |C7(13)  C7(♭13) |

 エンディング

こちらも、 |Fm(9)     |C7(♯9)   | のくり返しが基本です。

一番最後のコードは、Fm(9)ではなく、FmM7になります。

FmM7で終わるので、非常に妖しく不安定な雰囲気で曲が最結末を迎えます。

○ コード進行の解説

この曲のポイントは、Fm(トニック・コード)を、FmM7に変化させている事です。

これにより、曲の雰囲気がミステリアスで妖しい感じになっています。

最初の4小節は、Ⅰ-Ⅵ-Ⅱ-Ⅴのよくある進行です。

7小節目でFmキーから離れて、Bキーに向かうⅡ-Ⅴ(Cm7 |F7 )が出てきます。

そこからは Bm7  |E7  、Am7  |D7 と、 次々と全音下のキーに転調する感じでⅡ-Ⅴの進行が出ます。

7~12小節目は、Bキー → Aキー → Fキー と、どんどんと転調していく感じです。

響き的に、どのⅡ-Ⅴ進行も、長調(メジャー・キー)の感じのⅡ-Ⅴですね。

で、13小節目でFm7(9)にたどり着きます。

m7(9)は、EキーのⅡmです。 

15小節目で、今度はEキーから半音上のFキーに転調し、FキーのⅡ-Ⅴ進行となります。

ここも、響き的には長調(メジャー・キー)の感じのⅡ-Ⅴです。

16小節目のC7(♭13)で、ようやく短調に進むⅤ7の響きになります。
そうして、実際に短調のFmキーに進行します。

ここのEキーからFキーへの転調は、かなり強引な感じです。
アドリブ時には、頑張って解決するしかないです。

細かい話になりますが、16小節目のC7(13) C7(♭13)から17小節目のFmM7(9)は、
半音で下降する動きが入っています。

テンション・ノートが、C7の13th→♭13th→Fmの9thと、半音で下降していくのです。

この下降ラインをトップ・ノートにすると、凄くかっこ良いコード進行になります。

(2013年12月14日に作成)


私の愛するジャズアルバム 目次に戻る