「ナウズ・ザ・タイム」おまけ①
「The Song Is You」「Laird Baird」のコード進行

  おまけとして、「The Song Is You」「Laird Baird」のコード進行を紹介いたします。

  どちらの曲も、とてもかっこいい演奏ですねー(^-^)

  まあパーカーなので、駄演などはあり得ないわけですが。

  私がパーカーの曲に憧れてフレーズのコピーを始めた時は、コード進行を知らなかったので、
  大変に苦労しました。

  このページを見てコード進行を参考すれば、コピーが簡単になると思います。
  ぜひ活用して下さいませ。

「The Song Is You」   キーはC  形式はAA'BA'

 A

|CM7         |CM7         |Em7(9) A7(13) |Dm7   G7    |

|CM7         |CM7          |F(13)        |B7        |

|CM7         |A7           |Dm7(11)       |G7         |
           (Em7  A7  )

|B7         |A7         |Em7  A7    |Dm7    G7   |
           (Em7  A7  )

 A'

|CM7         |CM7         |Em7(9) A7(13) |Dm7   G7    |

|CM7         |CM7          |F(13)        |B7        |

|CM7         |A7           |Dm7(11)       |G7         |
           (Em7  A7  )

|C7          |F7         |Em7         |Fm7   B7   |

 B

|EM7         |EM7        |Fm7       |B7        |

|EM7         |EM7        |Bm7-5       |E7       |

|Am7        |Dm   E7   |Am7        |D7        |

|G♭(13)       |G♭(13)       |BM7(13)       |BM7(13)      |

 A'

|CM7         |CM7         |Em7(9) A7(13) |Dm7   G7    |

|CM7         |CM7          |F(13)        |B7        |
                                 (Fm7

|CM7         |A7           |Dm7          |G7         |
Em7        Em7      )

|C7          |F7         |Em7   A7    |Dm7   G7   |

○ コード進行の解説

 かなり難しいコード進行をしていますね。

 まずAですが、3~4小節目は Ⅱm7 ー Ⅴ7 ー Ⅱm7 ー Ⅴ7 という進行です。

 かなり込み入った動きなのですが、パーカーもピアノのハンク・ジョーンズも、素早いフレーズで
 上手くこなしています。

 13~16小節目は、B7 → A7 → A7  →  G7 と、半音で下降していく進行です。

 15&16小節目は、Ⅱ-Ⅴに分割されています。

 Ⅴ7(この曲だとG7)に向かって、短三度上から下降していく進行は、ごく稀にあります。

 この進行は、アドリブがとても難しいのですが、パーカーは簡単にこなします。
 人間じゃないようなプレイですね。 さすがパーカーです。

 1度目のA'は、Aと最後の4小節だけが違います。

 最後の Fm7 ー B7 は、Eキーに転調するためのⅡ-Ⅴ進行です。

 Bに入ると、Eキーに転調します。

 そして、Bの9小節目からは、Amキーに転調します。

 10小節目は、Bm7-5 ー E7でもいいのですが、響き的に Dm ー E7 の方が
 しっくりきました。

 D7を経由して、13小節目からはGキーに転調します。

 2度目のA'は、最後の2小節が1度目と違います。

 ここでは、普通のⅢm7-Ⅵ7-Ⅱm7-Ⅴ7の進行となっています。

 2度目のA'の8~10小節目では、パーカーはアドリブの時には、( )内のコード進行を
 使っています。

「Laird Baird」   キーはB  形式は、ブルースの変形

 イントロ

|B7         |E7        |Dm7   A7   |Cm7   F7   |

|B7on       |B7on       |Dm7   Dm7  |Cm7   B7   |

 テーマ

|B          |Am7-5  D7    |Gm7         |Fm7   B7   |

|E7         |A7          |Dm7   G7    |Dm7  G7   |
          (Em7)

|Cm7         |F7           |B           |Cm7   F7    |

○ コード進行の解説

 イントロは、特に問題ないでしょう。

 5~6小節目は、ベース音にFが使われるので、onで表記しました。

 テーマは、基本はブルース進行なのですが、色々と変えていますねー。

 2~3小節目は、平行調のGmに一時的な転調します。

 転調していないと考えて、Ⅰ-Ⅶ-ⅢーⅥの進行と解釈する事もできます。

 私は、転調していると考える方がアドリブをとり易いので、そう解釈しますね。

 7~9小節目は、Dm7 ー Dm7 - Cm7 と、半音下降していく進行です。

 Dm7もDm7も、Ⅱ-Ⅴに分割していますが、その方がパーカーのフィーリングに近づきます。

 1&11小節目は、シンプルなBが一番いいです。

 特に1小節目は、B7にすると、その後のAm7-5に進むのが変な感じになります。

 4声部にする場合は、BM7にするといいです。

(2014年1月27日に作成)


私の愛するジャズアルバム 目次に戻る