「オン・ダイアル Vol.4」おまけ①
「Dexterity」「Dewey Square」のコード進行

 おまけとして、「Dexterity」と「Dewey Square」のコード進行を紹介いたします。

 前者は、スタンダード曲の「I Got Rhythm」のコード進行を元にしています。

 一部のコードは変えていますね。

 後者は、Ⅱ7を多用した、けっこう複雑な進行の曲です。

「Dexterity」   キーはB   形式はAA'BA'

 A

|B         |E(13) F7(♭9) |B  G7(♭9 ♭13) |Cm7(9) F7    |
          (E7       )

|B♭(13) B7   |EM7   A7   |B   G7(♭9)  |Cm7    F7    |

 A'

|B         |E(13) F7(♭9) |B  G7(♭9 ♭13) |Cm7(9) F7    |
          (E7       )

|B♭(13) B7   |EM7   A7  |B   G7(♭9)  |Cm7    B   |
                      (B    F7     |B        )

 B

|D7          |D7         |G7         |G7        |

|C7          |C7         |Cm7         |F7        |

 A'

|B         |E(13) F7(♭9) |B  G7(♭9 ♭13) |Cm7(9) F7    |
          (E7       )

|B♭(13) B7   |EM7   A7   |B   G7(♭9)  |Cm7    B    |
                      (B   G7(♭9)  |Cm7    F7   )

○ コード進行の解説

この曲は、AA'の部分は転調がありません。

コード進行としては簡単な方ですが、テンポが速いので、次々とコード・チェンジしていく事になり、
実際にはかなり難しいです。

テーマ・メロディに合うように、テンション・ノートも沢山書いておきました。

このテンション・ノートを入れると、メロディにガツンとはまります。

AA'の2小節目は、アドリブに入ると下に( )で示している通りの、シンプルなE7になります。

A'は、最後の2小節にも下に( )がありますが、アドリブ・パートに入るとこちらの進行になります。

「Dewey Square」   キーはE  形式はAABA

 イントロ (テイクBとテイクCに入っている)

|EM7on      |Bdim       |Aon      |B7(13)      |

|EM7on      |Bdim       |Aon      |B7(13) B7(♭13 ♯9)

 A

|EM7        |Am7(13) D7  |EM7  D7   |C7       |

|F7(9 ♯11) F7(9) |Fm7   B7   |EM7   C7   |Fm7(11) B7   |

 A

|EM7        |Am7(13) D7  |EM7  D7   |C7       |

|F7(9 ♯11) F7(9) |Fm7   B7   |EM7        |Bm7  E7(♭9 ♭13)

 B

|AM7        |Am7  D7   |EM7  D7   |C7        |

|F7          |F7         |Fm7         |Fm7   B7   |

 A

|EM7        |Am7(13) D7 |EM7  D7   |C7         |

|F7(9 ♯11)F7(9) |Fm7   B7   |EM7        |B7sus4  EM7(9)
                                  (Fm7    B7   )

○ コード進行の解説

まずイントロですが、Bの音が低音部で続く、ベース・ペダルになっています。

ぱっと見ると複雑な進行に見えますが、EM7 ー E7 ー A ー B7 というシンプルな
進行が、少し形を変えているだけです。

Aは、2小節目でいきなり Ⅳm7-Ⅶ7 が出てきます。

このⅣmが、哀感を醸して、いい感じなんですよねー。

3~4小節目では、ⅠM7 ー Ⅶ7 - Ⅵ7 の進行となります。

5小節目のF7は、Ⅱ7です。 ここでは、メロディに対応したテンション・ノートも書いてあります。

冒頭でも指摘しましたが、この曲はⅡ7がかなり特徴的に使われていて、Bでも2小節にわたって
使われています。

このⅡ7の所では、パーカーは♯11の音を(テンション・ノートを)効果的に使います。

彼は、Ⅱ7の時に♯11を使うのを、定番にしています。

最後のAの8小節目は、テーマ時は B7sus4 ー EM7(9)ですが、アドリブ・パートに入ると
シンプルな Ⅱm7 - Ⅴ7 になります。

(2014年2月26日に作成)


私の愛するジャズアルバム 目次に戻る