おまけ②
「Nita」「We Six」「Dear Ann」のコード進行

 『ウィムス・オブ・チェンバース』のおまけとして、いくつかの曲のコード進行を紹介します。

 ②では、「Nita」と「We Six」と「Dear Ann」のコード進行を紹介します。

 「Dear Ann」は本文では紹介していませんが、すてきなバラード曲です。

 かなり好きな曲なので、コードを採ってみました。 一緒に書いておきます。

「Nita」   キーはF  形式はAA'B

 A

|B          |Em7(11)  A7(13) |DM7        |Gm7(11) C7(13)

|FM7         |Bm7    E7     |AM7         |FM7        |

 A'

|B          |Em7(11)  A7(13) |DM7        |Gm7(11) C7(13)

|FM7         |Bm7    E7    |AM7         |Cm7   F7   |

 B

|BM7        |Bm7    E7   |Am7         |D7        |

|Gm7         |C7         |BmonC       |BmonC     |

|BmonC        |BmonC      |BmonC       |BmonC     |

|FM7         |FM7         |

○ コード進行の解説

 AA'Bという変わった形式の曲です。

 Aの最初が、B(Ⅳ)から始まるのも、変わった形ですね。

 転調の多い曲で、AだけでDキー、Fキー、Aキーに次々と移動します。

 Bでは、BmonCの続く部分があります。

 これはⅣmonⅤで、ⅣmのベースノートがⅤになったものです。

「We Six」   キーはCm  形式はAA

 A

|Cm     G7   |Cm         |Cm         |D7   C7   |
(Cm        Dm7-5  G7   )

|Fm          |Gm7-5  C7   |Fm        |Fm6        |
                                 (Fm)

|Fm7         |B7        |Gm7        |C7        |

|Fm7(9)       |B(♭13 ♯9)   |E6       |Dm7-5  G7   |
                       (EM7)

 A

|Cm     G7   |Cm         |Cm         |D7   C7   |
(Cm        Dm7-5  G7   )

|Fm          |Gm7-5  C7   |Fm        |Fm6        |
                                 (Fm)

|Fm7         |B7        |Gm7        |C7        |

|Fm7(9)       |B(♭13 ♯9)   |E6       |Dm7-5  G7   |
                       (EM7)

○ コード進行の解説

 この曲は、コード進行は難しくないです。

 前半の8小節は、マイナー・ブルースのコード進行に似ています。

 後半の8小節は、Eキーに転調しています。

 アドリブに入ると、( )内に書いたコードを用いるようになります。

「Dear Ann」   キーはC  形式はAABA

 イントロ (ここはキーはB

|Cm F7sus4onC |Cm  F7sus4onC |BM7  BM7 A7(♭13)|Dm7 G7(13 ♭9)

|Cm7   Cm7(9) F7(13)|BM7onF  G♭(13)onF F7sus4 |

 A

|Cm7         |F7        |Em7         |A7        |

|Dm7-5       |G7        |CM7        |CM7       |

 A

|Cm7         |F7        |Em7         |A7        |

|Dm7-5       |G7        |CM7        |CM7       |

 B

|Cm7(9)      |F7        |BM7(9)      |BM7(9)      |

|Dm7         |G7        |CM7        |CM7       |

 A

|Cm7         |F7        |Em7        |A7        |

|Dm7-5       |G7        |CM7        |CM7       |

○ コード進行の解説

 まずイントロですが、ギターのみで、きっちりしたリズム無しに演奏されます。

 小節数が分からないので、おおよその感じで表記しました。

 難しい表記になってますが、ギターのコードを正確に表すとややこしくなってしまうんですよ。

 実際には3音~5音の和音で弾かれており、ベース・ノートが省略されているコードもあります。

 6小節目は、Fのベース・ペダルになってます。

 この曲のキーはCですが、イントロではキーがBになっています。

 Aに入る時に転調するという、やや珍しい作りになっている曲です。

 Aの1~2小節目ですが、Bに転調しているとも考えられるし、3小節目のEm7の裏コード
 であるF7をⅡ-Ⅴ化したものとも考えられます。

 ここで使えるテンション・ノートを考慮すると、F7のⅡ-Ⅴ化なのでしょう。

 3小節目からは、よくあるⅢ-Ⅵ-Ⅱ-Ⅴ-Ⅰの進行です。

 Bに入ると、半音下のBキーに転調します。

 5小節目で、元のCキーに戻ります。

 この曲のエンディングは、こうなってます。

 エンディング  (最後のAの5小節目から)

|Dm7-5       |G7        |CM7        |D6(9)     |

|C6(9)       |

(2014年6月28日に作成)


私の愛するジャズアルバム 目次に戻る