おまけ③
「Tale Of The Fingers」「Just For The Love」のコード進行

 『ウィムス・オブ・チェンバース』のおまけとして、いくつかの曲のコード進行を紹介します。

 ③では、「Tale Of The Fingers」と「Just For The Love」のコード進行を紹介します。

 「Tale Of The Fingers」は、ポール・チェンバースの弓弾きがメインですが、何度聴いても
 人間技ではないと思いますねー。

 「Just For The Love」は、12小節のメジャー・ブルースが元になっていますが、
 コルトレーンの作曲だから当然ながらコード進行は普通のブルースと違います。

 大幅に変えているので、もはやブルースではないと言っていいでしょう。

「Tale Of The Fingers」  キーはB  形式はABCA

 A

|BM7         |BM7       |Bdim         |Bdim        |

|Cm7          |F7         |BM7         |Fm7   B7   |

 B

|EM7         |EM7        |Edim         |Edim        |

|Fm7         |B7         |EM7         |F7(♭9)      |

 C

|BM7         |BM7       |Am7        |D7        |

|Gm7         |Gm7        |Dm7    G7   |Cm7   F7   |

 A

|BM7         |BM7       |Bdim         |Bdim        |

|Cm7          |F7         |BM7         |F7         |

○ コード進行の解説

 ABCAという、やや変わった形式の曲です。

 コード進行は、シンプルな進行ばかりで簡単です。

 Bでは、Eキーに転調しています。

 1回目のAの8小節目は、Eキーに転調するためのⅡ-Ⅴ進行になってます。

 Bの8小節目(F7(♭9))は、元のBキーに転調するために使われるドミナント・コードです。

 2回目のAの8小節目は、次には転調がないので、BキーのⅤ7であるF7が使われます。

「Just For The Love」  キーはF  AA形式

 A

|A          |F    G     |F           |Cm7   F7   |
          (G7       )

|B          |Bm7(11)       |Am7         |D7          |
                                 (Am7   D7   )

|Gm7(11)      |C7           |Am7         |Bm7(9) E(13) |
                     (Am7   D7  )

 A

|A          |F    G     |F           |Cm7   F7   |
          (G7       )

|B          |Bm7(11)       |Am7         |D7          |
                                 (Am7   D7   )

|Gm7(11)      |C7           |Am7         |Bm7(9) E(13) |
                     (Am7   D7  )

○ コード進行の解説

 1小節目で、いきなりⅢのコードが出てきます。

 そのため、のっけから転調している感じ(安定感の無い浮遊した感じ)がします。

 2小節目でF(トニックコード)に行きますが、すぐに半音上のGに行きます。

 2~3小節目のⅠ-Ⅱ-Ⅰという動きは、かなりとんがっていますが、テーマ・メロディに
 コードを付ける(ハーモナイズする)ならこれがベストだと思います。

 3小節目からは、モダンジャズでよく使われるアレンジ(ブルース進行)になります。

 11小節目は、普通ならF(トニックコード)に進む所ですが、代理コードのAm7(Ⅲm7)に
 行きます。

 そして12小節目で半音上げて、Bm7に進むわけです。

 その後はBm7ーE7とⅡ-Ⅴ進行をして、1小節目のAに繋ぎます。

 アドリブに入ると、2小節目はG7(Ⅱ7)に代わります。

 これは、コード進行を簡略化したのでしょう。

 8小節目と11小節目も、アドリブでは( )に書いたようにⅡ-Ⅴ化しています。

 8小節目は、ホレス・シルバーは自分のソロの時には、Am7(Ⅲm7)にして演奏しています。

 そのため、他の人のソロとは少し異なる響きがしていますね。

 なお、エンディングはこうなってます。

 エンディング

 |A          |F    G     |F           |C7    F    |

(Tale Of The Fingersは2014年6月29日に作成)
(Just For The Loveは2014年8月7日に作成)


私の愛するジャズアルバム 目次に戻る