ジャンゴ・ラインハルトの「ジャンゴ・ラインハルト」

ジャンゴ・ラインハルトは、偉大なジャズ・ギタリストです。

彼はジャズ・ギターの創始者の1人で、非常にオリジナルなスタイルを築きました。

あまりに個性的かつ完成度の高いスタイルを確立したため、「ジャンゴ・スタイル」
「ジプシー・ギター・スタイル」として、現在ではジャズの1ジャンルになってしまっているほどです。

私はジャズを聴き始めてすぐに、自分がギターを弾いていたので、「最高のジャズ・ギタリストの1人」とされているジャンゴのCDを買いました。

それが、ここで紹介するアルバムです。

聴いて以来、彼は私の憧れの存在になり、ギターを弾く上での最高の模範となりました。

ギターの音色とニュアンスの出し方については、どのギタリストよりもジャンゴを真似しました。

正直に言いましょう。

10年くらい真似を試みましたが、ぜんぜん真似が出来なかった。

私にとって、ジャンゴは『永遠の憧れの存在』です。

彼のように、滑らかに、自由奔放に、伸びやかで爽やかに、愛らしくセクシーに、ギターを弾けたら…。

私は、『史上最高のジャズ・ギタリストは、ジャンゴ・ラインハルトである』と思っています。

これは、今生が終わるその瞬間まで、変わらないでしょう。

ジャンゴに心底から惚れたので、ジャズ・ファンの知り合いができる度に、「私はジャンゴのギターが大好きなんです!」と伝えました。

すると、びっくりする位に、反応が鈍い。

やがて、ジャンゴが「敬して遠ざけられる存在」だと分かりました。

ジャズ・ファンたちは、ジャンゴのギターにオリジナリティを認めつつも、
理解しようと努めず、愛聴していない。

この理由として、SPレコード時代の録音のため音質が貧弱なことと、ジャズの本場であるアメリカのスタイルと異なること、があるのだと思います。

ジャンゴは、ヨーロッパのジプシーの出身で、フランスで主に活躍した人です。

だから、音の香りやリズム感が、一般的なアメリカのジャズとは違う。

それ故に、日本のジャス・ファンから差別されている感があるのです。

「ジャンゴのギターは、最高だと思います!」と私が訴えた時に、
相手が困惑した顔をして「そうなんだ…」と気のない返事し、目をそらしたり話題を変えたがるのが、何回も繰り返された。

私は徐々に、言うのを躊躇うようになりました。

自分が心から愛している音楽が、仲間であるはずのジャズ・ファンから、軽視され遠ざけられている。

この事実は、大きなショックでした。

まだ若かった私は、「こんなに素晴らしい音楽を評価しないなんて、お前らの耳は節穴か。こんなクソ共と話してもしょうがない。」と思ったりもした。

傷ついた心を抱え、孤独にジャンゴを愛聴する日々。

そんな日々が数年も続いたが、ある日のこと。

行きつけのCDショップに入ったら、ジェフ・ベックが特集されていて、
彼の紹介文には、「最も凄いと尊敬するギタリスト、この人には勝てないと思うギタリストとして、ジャンゴの名を挙げている」、との一文も添えられていた。

この時のことは、今でも覚えている。
あんなに嬉しかった瞬間は、なかなか無い。

「あのジェフが、ジャンゴを最大級に評価している。ジェフはやっぱり、
 分かってるな~。

 俺達は仲間だ、ジェフ・ベックと俺は同じセンスなんだ。

 分かる奴にはちゃんと分かっているんだ。そうだよ、ジャンゴは凄いんだ。
 俺は間違っていなかったんだ!!」

孤独の中で苦悩していた私の心は、ジェフによって癒されました。

これ以降、私の知り合いにジャンゴを評価する者がいなくても、寂しくなくなった。
だって、ジェフが居るもの。

ここまでの話で分かるように、ジャンゴの音楽は敷居が高いらしいです。

あんなに美しいのに、無視するジャズ・ファンが多い。

ジャズ・ギターを弾く人と話しても、ジャンゴに言及する人はいなかったです。

ケニー・バレルやウェス・モンゴメリーやグラント・グリーンやジョー・パスの名は、
するすると出るのに。

会話中に、心の中で(バカやろう! ジャンゴが一番なんだー!!)と思う時もあったが、ぐっと堪えた。

ジェフ・ベックが一緒に居てくれれば充分だ。それ以上は求めない。

えー、話がずれてきているな。元に戻します。

ジャンゴのギターの素晴らしい点は、沢山あるのですが、特に指摘できるのは『音色の美しさ』『表情の豊かさ』です。

彼の音色は、甘くて優しく、色気がたっぷりとあり、つややかで瑞々しく、金属的な響きが全くない。

この独特の音色は、マカフェリというヨーロッパ産の名ギターを使用していた事と、
ギター・アンプを通さない生音で勝負していた事から生まれたものです。

私は、これ以上に魅力的なギターの音色を知りません。

ジャズに限らず、ロック、ブルース、クラシック、ラテンなど、様々なジャンルのギターを聴いてきましたが、私の好みでは『ジャンゴがベスト』です。

今までもこれからも、ギターを弾く際には、自然に彼の音色を目指してしまう。

私にとってジャンゴの音色は、それ位に身体に染み付いたものとなっています。

表情の豊かさも、ジャンゴがベストだと思っています。

あまりに自然に簡単そうに弾いているので、普通の人だと、その凄みに気付かないと思う。

だが、とてつもない表現力をしています。

彼のギターを耳コピーした時に、圧倒的な表現力を実感しました。

なにしろ、1から10まで真似ができない。

ジャンゴは、「素早い右手のオルタネイト・ピッキング」と「左手指のスライド」を
合わせる技を得意にしています。

ソロでしょっちゅう出てくるので、それもコピーしたのだが、何度やってもジャンゴの様な芸術的な愛嬌のある表情にならない。

私は色んなギタリストを耳コピーしましたが、ぜんぜん真似ができず(近いニュアンスを全く出せず)「この人にはどうやっても届きそうにない」と脱帽したのは、次の4人です。

ジャンゴ、ジェフ・ベック、ジミヘン、BBキング。

この4人は、普通と違うタイミングで(譜面に表せない独特のタイミングで)、
音を出したり曲げたりする。

彼らに比べれば、クラプトンとかウェスは、はるかに真似しやすいです。

この4人は、1音1音に表情をつける事ができるのです。

1フレーズごとに表情をつけるのではなく、1音につけてしまう。

特にジャンゴは、表情がとても多彩で、歌心が抜群です。

あのジェフ・ベックが、負けを認めるのだから、折り紙つきですよ。

私の経験からいっても、ぶっちゃけた話ジャンゴの凄さは、分からない人には分からないのだと思います。

もし貴方に分かるのならば、それは自慢していい。
「貴方には素晴らしい芸術センスがある」と、私とジェフが保証します。

ジャンゴのギターを語り出すと、切りがなくなってしまう。

そろそろアルバムの内容に入り、その中で彼のギターについても語ろうと思います。

ここで紹介するアルバムは、『ジャンゴ・ラインハルト』というタイトルのベスト盤です。

ジャンゴは色々な編集のアルバムが出ていますが、私がジャンゴに出会った思い出深い
このCDを紹介したいと思います。

『ジャンゴ・ラインハルト』は、1994年に発売されたCDで、すでに廃盤になっていると思います。

これから紹介する曲を聴きたい場合、中古CDを探すとか、ネット上で探すとかして下さい。

収録曲はすべて、1935~39年にパリで録音されたものです。

では曲の紹介に入りましょう。

まず、1曲目の「Georgia On My Mind」です。

ジャンゴはこのスタンダード曲を、テーマ・メロディを崩しながら弾いていくのですが、
最高です。

彼は、いつも余裕たっぷりに弾くのですが、めちゃくちゃスウィングするんですよ。
リズム感覚がずば抜けています。

出だしでチョーキング(押さえた弦を持ち上げて音程を上げるテクニック)を使っていますが、彼のチョーキングって甘くて色っぽいんですよねー。

チョーキングでかっこ良さ(クールさ)や切なさを出せるギタリストは多いが、
甘さと色気を出せる人はなかなか居ません。

このソロでは、かなり難しいフレーズを弾いているのですが、まったく淀みがありません。

水の流れのようにスムーズに、次々とフレーズが展開していく。

これこそギターの最高峰。

ジャンゴがソロを終えると、歌とヴァイオリン・ソロが続きます。

ヴァイオリンを弾いているのは、ステファン・グラッペリという人で、ジャンゴの相棒として長く活動した人です。

よく歌うし、スウィング感も申し分ない。素晴らしい名手です。

ギターとヴァイオリンが中心のジャズ・バンドは、他には無いです。

これも、ジャズ・ファンが敬遠する理由なのだろうか。

トランペット、サックス、ピアノがいないから、ジャズらしからぬサウンドと言えば
そうなのだが、名演を繰り広げているのだからそれでいいじゃないか。

ジャンゴ以上に歌える管楽器奏者なんて、ほとんどいないぞ。

次は、4曲目の「Parfum」です。

これは、ジャンゴ1人での演奏(ソロギター)になってます。

ジャズでは、ギター1本だけでの演奏は割とあるのですが、ほとんどはダイナミックさに欠けて平板になります。

起伏のある充実した演奏は、そう簡単にはお目にかかれない。

ジャンゴのソロギターは、スケールが大きい。
ダイナミック・レンジが広くて、色んな表情を見せてくれます。

ここまでに言及しませんでしたが、ジャンゴは火傷の後遺症で、左手(弦を押さえるほう)の薬指と小指が使えなかったのです。

写真を見ると分かりますが、薬指と小指が固まってしまっている。

つまり、弦を押さえられるのは、親指を入れても3本しかない。

私は、この曲などをコピーした経験から、「3本の指では、出しているコードをどうやっても弾けない。使っていないとされる薬指と小指のうち、どちらかは使っているに違いない。」と思いました。

当時はジャンゴの演奏映像は残っていないとされており、私の分析を検証する機会はありませんでした。

その後、ジャンゴの生涯を描いたドキュメンタリー映画が登場し、そこには彼の演奏する
姿が短い間でしたが、収録されていた。

ジャンゴの弾く姿に感動したが、コードを押さえている場面はなく、検証できなかった。

それから長い歳月が経ち、インターネットががっつりと普及した。

先日にユーチューブで調査したところ、私の知らなかったジャンゴの映像があり、
ソロギターを弾いている映像ではコード・ワークがばっちり見れた。

私の予想していたとおりに、ジャンゴは薬指を使っていた!

ほとんど動かないと思われる薬指を、高音部を押さえるために、わずかながら使っていた。

私は正しかった。15年以上の時間を経て、私の仮説は証明されたのです。

格好良くないですか? 科学者の仮説が、時間を経て証明されたみたいな感じ。

ジャンゴは、シングル・トーンのフレーズを弾く際には、人差し指と中指しか使いません。

それなのに、もの凄く難しいフレーズを、ためらうことなく次々と連発する。

私がコピーすると、4本の指を駆使しても辛い。
彼のフレーズをコピーしながら、「ありえねー、人間じゃねえー」と痛感した。

ジャンゴの映像を見ると、人差し指と中指がハンパないレベルで素早く動いている。

速いだけでなく、蜘蛛の足とか蛸の足みたいに伸び縮みし、ウニウニと変な方向に動いていく。

正直、ちょっと気持ち悪い。

ジャンゴは、火傷の後遺症を乗り越えるために、妖怪になってしまった(人間を超越して
しまった)のかも。

2本の指を火傷で失ったのに、ギターの道を諦めなかったのは、それだけでも凄い。

私だったら、諦めてしまうでしょう。
弦楽器の演奏者だと分かるはずですが、薬指と小指ってかなり使いますから。

ぶっちゃけた話、人差し指と中指だけで弾ける曲なんて、ほとんどありません。

そんな曲は、初心者向けの特別な曲だけですよ。

私は試しに、2本の指だけでジャンゴのフレーズを弾いた事がありますが、「ぜんぜん出来ん。意味が分からん。」とすぐに投げ出しました。

「ジャンゴって、本当に人間なのだろうか?」とすら思いましたよ。

『ジャンゴは、実は妖怪でした』との説が出たら、私は「そうなんだ、それなら納得~」とむしろ安心してしまうかもしれない。

ハンディを乗り越えるだけでも凄いのに、彼は史上最高レベルのギタリストになった。

誰よりも芸術を表現してしまった。

そんな人を無視するか、日本のジャズ・ファン及びジャズ・ギタリストたちよ。

くそっ。ジャンゴがナンバーワンなんだ。

それなのに、「凄いとは思うよ、でもずっと昔の人じゃん。それにアメリカ人じゃないし、黒人じゃないし。傍流でしょ。」みたいな、冷めた目で見やがって。

書き進めるうちに、だんだん腹が立ってきたな。
昔の感覚を思い出してきたよ。

「Parfum」の解説をするはずだったが、ジャンゴのギター・スタイルの解説になりましたね。

長文になってきたし、この曲の解説は省略しましょう。

聴いてもらえれば、凄みは分かると思うから。
だって数あるジャズのソロギターの中でも、別格にかっこ良いもの。

次は、9曲目の「Finesse」です。

この曲が、私は1番好きなのです。

沢山あるジャンゴの演奏の中で、最も美しいソロを取っていると思います。

この曲はジャンゴの作曲ですが、メロディがとても美しい。

そこが、まず評価する点です。

次の評価点は、レックス・スチュアート(cor)とバーニー・ビガード(cl)という、
当時の最高レベルのミュージシャンが参加している事です。

この2人は、アメリカ人で、ジャズ・ファンならば誰でも知っているほどの名手です。

2人はパリに演奏旅行に来て、この録音に参加したのでしょうか。

さらには、この曲ではジャンゴ以外のギタリストが参加していません。

これって、けっこう珍しい。いつもは彼以外にも、1人か2人のギタリストが参加しています。

ゆったりしたテンポで演奏されるのですが、レックスとバーニーは情感豊かに愛らしく
ソロを吹きます。

このソロだけでも、充分に感動できます。

2人がソロを取る間は、ジャンゴはバッキングに徹しています。

このバッキングがまた、実に素晴らしい。

ジャンゴは、ほとんどの場合はもう1人ギタリストを用意し、その人にバッキングを担当させて自分はソロに集中します。

要するに、ジャンゴがガッツリとバッキングをするのは少ないのです。

1人で行う機会が少ないとはいえ、彼のバッキング能力はすさまじく、自然な響きと
強烈なスウィング感は次元が違います。

その至芸が、この曲では彼しかギターが参加しておらず、ピアノも居ない編成なので、
はっきりと聴き取れます。

彼は、レックスのソロの時はアルペジオでバックを付けます。
その次のバーニーのソロでは、コードを中心してのバッキングに変えます。

違ったテクニックを使っているが、どちらも素晴らしい。

細かく聴いていくと、バーニーのソロの時は、オクターブ奏法を途中で使っているし、
テクニカルなアプローチもしていると気付きます。

難しい技も使っているのに、どの瞬間にも余裕があり、滑らかに展開していく。
凄いよ、ジャンゴ。

上記の通り、レックスとバーニーのソロ部分だけでも、その内容には感嘆します。

だが、その後にジャンゴがソロを取り始めると、そこまでの全てがかき消されてしまう。

ジャンゴがソロを始めると、ウッドベースだけがバッキングをする。

ギター+ベースのシンプルな編成となるのだが、それ故にジャンゴのソロはくっきりと出て、細かいニュアンスまで完璧に聴こえる。

そうして、そのニュアンスの豊かさに、深く感動させられる。

(本当はバーニーがドラムも担当していて、ブラシで静かにサポートしています。
 でもそれはオマケだから。)

短いソロなのに、その内容の濃さ深さに私は圧倒されます。

私は、これ以上に内容のあるジャズ・ギターのソロを、聴いた事はないです。

ジャンゴのソロって、ダイナミックなんですよね。
盛り上がる所では、「ググー」とリズムに躍動感が出てきます。

ほとんどのジャズ・ギタリストは、音の強弱に幅がなくて、リズムも味気ない。

ここでのソロは、最初は静かに始まり、だんだんと盛り上がっていく。
その中で出してくるフレーズは、どれもが輝いている。

表現力と展開力の凄さには、脱帽するしかない。

ジャンゴは、音色の美しさでも際立っている。

この曲での音色は、完璧だと思います。

様々な表情を見せてくれるし、一貫して華がある。
にごりやくすみの無い、透明感のある音で、味わいがありキラキラしている。

このジャンゴのソロは、ギター演奏の最高峰の1つだと思っています。

ギターを志す人には、ぜひ聴いて頂きたい。

最後に、11曲目の「Rose Room」です。

ジャンゴが最初からソロを取り、颯爽と弾いていく快い演奏です。

彼のソロは、1つ1つの音が跳ねていて、そこが誰にも真似できない所です。

ここでのジャンゴのソロをコピーした時に、その事実に気付かされて愕然としました。

私が彼に合わせて同じ音を同じタイミングで出しても、音が跳ねないために、
全く違うニュアンスのソロになってしまう。

で、跳ねっぷりまでコピーしようとしてみたが、とんでもなく難しい。

彼のソロの1番の肝は、『リズム感、音の跳ねっぷり』です。

ここを真似できないと、彼の出す表情を再現できず、コピーしても全然違うものになってしまう。

私はこれを理解した上で、頑張って真似をしたのですが、ついに近づけませんでした。

考えてみると、ジャンゴは史上最高のギタリストの1人。

だから、真似できなくても当然ですね。

サッカーで、メッシのプレイを深く分析しても真似できないのと一緒です。

ジャンゴのソロが終わると、グラッペリのソロになりますが、これもかっこ良いです。

ギターのバッキングも活かしてます。

今回の文章は、いつも以上に私の感情と経験を吐露するものになりました。

それだけジャンゴへの愛が深いという事です。

ジャンゴがナンバーワンなんだ。

誰が何と言おうとも、私にとっては彼こそ最高のジャズ・ギタリストです。

(2015年12月16日&23日に作成)


私の愛するジャズアルバム 目次に戻る