「ナウズ・ザ・タイム」おまけ③
「Cosmic Rays」のコード進行

おまけ③では、「Cosmic Rays」のコード進行を紹介します。

メジャー・ブルースのシンプルなコード進行で、簡単な部類に入るでしょう。

「Cosmic Rays」   キーはC  形式はメジャー・ブルース

 イントロ (マスターテイク)

|C7(♯9)       |F7       |G7    E   |A   G7   |

 テーマ

|C7         |F7         |C7         |F7        |

|F7         |F7          |C        |Em7   Em7   |

|Dm7        |G7         |C7   A7   |Dm7    G7    |

 エンディング

|Dm7        |G7         |C    B7   |CM7(9)     |

○ コード進行の解説

イントロは少し変わっていて、EⅢ)が出てきたりします。

すごくお洒落なイントロですねー。

テーマは、シンプルなブルース進行をしています。

難しいのは、8~9小節目の Em7 → Em7 → Dm7 と半音下降する部分くらいです。

4小節目は、F7(C7の裏コード)にすると、パーカーのアドリブやハンク・ジョーンズの
バッキングと合いました。

7小節目は、その後にEm7→Em7と進行していくため、C7にせず、シンプルなCにした方が
いいです。

エンディングでは、Ⅰ(C)→Ⅶ(B7)→Ⅰ(C)という進行が使われています。

この進行は、エンディングの定番の1つです。

ちなみにオルタネイト・テイク(6曲目)でも、ハンクはⅠ-ⅦーⅠの進行で弾くのですが、
パーカーはⅠ-Ⅴ-Ⅰで吹いてしまいます。
そのため汚い響きになり、聴き手はハンクが間違えてしまった様に感じます。

おそらくハンクは譜面通りに弾き、パーカーが勝手に変えてしまったのでしょう。

(2016年1月13日に作成)


私の愛するジャズアルバム 目次に戻る