マイルス・デイビスの「マイルストーンズ」①

マイルス・デイビス。

この男は、人類史上でも最高のミュージシャンの1人で、数十年にわたってジャズ界の頂点にいた。

その人の最高傑作の1つが、これから紹介する『マイルストーンズ』です。

私は、マイルス・デイビスが最も輝いていた時期は、1953~63年だと思っています。

理由は単純で、何度聴いても飽きない作品は、この時期に集中しているからです。

マイルスは偉大な芸術家で、敬愛する存在。

だから「彼のピークは、この期間です」と語るのは、おこがましい気もする。

でも、自分が愛聴するアルバムを見ると、53~63年に作られている。
私の感性や主張が分かり易くなると思うので、思い切って書きました。

『マイルストーンズ』が録音されたのは、1958年です。

キャリアのピークの時期の、真ん中にあたる年ですが、彼が最も充実していた時でしょう。

アルバムは売れまくり、演奏するたびに会場前は長蛇の列となって、ハリウッド・スターも聴きにくる。

バンドのメンバーは豪華で、マイルスは自伝で「俺の知る限りでは、ジャズ史上で最高のバンドだった」語るほどです。

なにしろ、コルトレーンとキャノンボール・アダレイが参加しているんですからねえ。

リズム隊も、かの有名な「ザ・リズムセクション」ですし。

私も、「この時期のマイルス・バンドは、ジャズ史上最高のメンバーが揃っていた」と思っています。

これ以上のメンバーが揃ったジャズ作品は無く、同等なのは別ページで紹介している『コレクターズ・アイテムズ』(これもマイルスの作品です)だけだと思う。

でも、コレクターズ・アイテムズは1回限りの集合でしたからね。

『マイルストーンズ』のメンバーは、きちんとバンドを結成していた。いつも一緒に演奏していた。

だから、演奏に安定感があり、緊密な連係をしている。

そこがコレクターズ・アイテムズと違う。

この時期のマイルスのアルバムでは、59年録音の『カインド・オブ・ブルー』を推す人が多い。

私も素晴らしいと思うが、彼らが日常で演奏していたスタイルとは違う、「コンセプト・アルバム」なので、完成度の点で物足りなさがあり、何度も聴くと飽きてくる部分がある。

『マイルストーンズ』は、彼らがクラブでやっていた演奏スタイルだから、無理がない。

リラックスしているし、どこまでもスウィングしていく。

爽やかで華やかで軽やかなこっちの方が、私は好きです。

このアルバムの最大の売りは、「豪華なメンバー」と「軽快で気持ちの良いリズム」だと思います。

メンバーについては少し書いたので、次にリズムを解説します。

聴けば分かるんですけど、とにかくスウィングしている。猛烈なスウィング感です。

あまりに凄いので、ジャズを聴かない人だと「何をしているのか分からん」と感じてしまうかもしれない。

チャーリー・パーカーのバンドもそうなのですが、リズムが「フワッ」としていて、
重さを感じさせません。

ドラムを初め、皆が「ドカン、バシン」とか「パラプラ、ブリブリ」と激しく音を出しても、絶対に重くならない。

これがビバップの極意なのだと思う。

1940年代の後半にパーカーのアルバムを出していた、ダイアル・レーベルの社長は、
「パーカー・バンドの音は、泡みたいだった」と語っています。

これを聞いた時、「などほど、確かにそんな感じがある。上手い表現をするなあ」と感心しました。

その絶妙な、パーカーが編み出したリズムが、このアルバムにもあります。

とても知的な雰囲気のリズムで、強烈にスウィングするのに優しさがある。

汗のほとばしる演奏なのに、野蛮さや荒っぽい感じは微塵もない。
きちんとコントロールされている。

このスタイル(表現世界)が、私は大好きなのです。

汗をダラダラ流す熱い演奏をして、激しく重いリズムになったら、普通でしょ?
それじゃあ面白くない。お洒落じゃない。

ものすっごい情熱的に演奏しているのに、爽やかに軽やかに展開する。汗臭くない。
これが粋なのです、芸術なのです。

1960年代のコルトレーンのバンドは、リズムが重いんですよ。

「私たちは一生懸命にプレイしてます! こんなに真剣なんですよ!」と訴えてくる。

この手の演奏に接すると、「頑張る気持ちは分かるけど、汗臭いし息苦しいなあ。
そもそも、全力でプレイするのは当たり前の事でしょ。」と思ってしまう。

結果的に、私は愛聴できない。

チャーリー・パーカーらビバッパーが音楽に込めるメッセージは、深く重い。

だが、それは軽やかなリズムに乗せる。

これが、「クールさ」なんですよ。

このビパップ伝統の表現スタイルは、『マイルストーンズ』でも受け継がれています。

少し歴史の話をすると、1960年代に入るとフリー・ジャズなどが幅をきかせてきて、
ロックンロールに影響された事もあり、この伝統リズムがジャズから失われていきます。

それと同時に、ファンは減少していき、ジャズは衰退しました。

1970~80年代に流行したフュージョンは、軽やかなリズムを採用した点では、
ビバップに回帰した部分があったと思います。

でもフュージョンには、重いメッセージが無かった。
ただ電気サウンドや最新機材の導入で新鮮味を出しただけだった。

だから今聴くと、つまらない作品ばかりです。

さて。

そろそろ各曲の解説に入ります。

まず参加メンバーと録音日をきちんと書きましょう。

マイルス・デイビス(tp)  ジョン・コルトレーン(ts)

キャノンボール・アダレイ(as)  レッド・ガーランド(p)

ポール・チェンバース(b)  フィリー・ジョー・ジョーンズ(ds)

1958年2月4日、3月4日に録音

繰り返しになりますが、凄いメンバーですよ。

それぞれの楽器で、ジャズ史上でもトップ5に入るくらいの名手が、顔を揃えています。

はっきりと断言できますが、これだけの面子が揃うことは、ジャズが衰退した今となってはもう2度と起きないでしょう。

ジャズが活発だった時代に君臨していたマイルスでも、これ以後は1度もこれほどのメンバーは集められませんでしたからね。

では、まず1曲目の「Dr.Jackle」から紹介します。

この曲は、ジャッキー・マクリーンの作曲で、マイルスは数年前にもジャッキーと録音しています。

過去のヴァージョンはゆったりしたテンポでブルーな雰囲気だったのですが、
ここでは元気一杯にアップテンポで演奏しています。

過去のヴァージョンとは別物となっており、両者を比べると「ここまで変えてしまうのか!」と驚かされます。

マイルスのトランペットは、軽やかで美しい音色で、素晴らしい。

精神面でも技術面でも、彼はこの時期に最高潮に達していたと思う。

もの凄いオーラが出ているし、そのオーラが明るいものでキラキラしているのです。

超アップテンポで演奏し、アレンジもトランペットとドラムのソロ交換を間に入れるなど
凝っているので、初めて聴く人は何が行われているのか分からないかもしれません。

正直、私も最初はついていけませんでした。
音の洪水にたじろいでいる間に、曲が終了してしまう感じだった。

この曲は、どれだけ複雑なことをしても軽快さを失わない、彼らのテクニックを聴く曲だと思う。

ソロのフレーズとかコード進行ではなく、音のうねりや情熱、すごいスピードなのに自然に流れていくリズムを感じてほしい。

テーマの時点からもの凄いテンションの高さなのですが、アドリブに入ってからもスウィング感は減退せず、猛烈な勢いで展開されていきます。

これだけのスピードで、これほど複雑なフレーズを完璧にリズムにはめて吹けるなんて、信じられない。

基本的にこのアルバムは、『人間の領域を超えたレベルでの演奏』が続いていきます。

ごくごく自然にやっているので、素人の人だと気付かないかもしれませんが、すべてのプレイが最高峰のレベルで、聴いていて「妖怪なんじゃないか」と思うほどです。

この録音の後、ピアノのレッドはバンドを退団し、新たにビル・エバンスが加入します。

彼は半年くらいで辞めてしまうのですが、その理由は「超人たちの集まりで、共演するのが辛かった」です。

私から見れば、ビルも超人だと思うのですが、彼でさえ付いていけないと感じるほどの演奏内容だったのです。

バスケットボールで例えると、マジック、ラリー・バード、ジョーダン、バークレーらが揃っていた「第一期のドリームチーム」の状態です。

ジャズの世界では、もう2度とこんなバンドは現れないでしょう。

この曲では、後半になるとキャノンボールとコルトレーンが、短いソロを交互に取ります。

サックス奏者が交互にソロを取る状態を、バトルと言ったりするのですが、ここでのソロ交換はバトルを超越している。

突き抜けたレベルの2人のソロは混然一体となっており、宇宙空間(無重力で未知な世界)に放り込まれた様な感覚になります。

2人のアドリブの疾走感がハンパじゃなく、フレーズに重みが(よどみが)ぜんぜん無くて、演奏者の一体感が素晴らしいので、聴き手は別の世界に連れていかれる。

ある種の瞑想状態に入るのかもしれません。

その特別な世界を現出させることが、マイルスの狙いなのでしょう。
恐るべし、ジャズの帝王マイルス。

次は、2曲目の「Sid's Ahead」です。

この曲は、ラジオのDJとして著名だったシンフォニー・シッドに捧げられた曲です。

シッドは、1940年代の後半に、ラジオを通してビバップを世に紹介するのに貢献した人です。
当時はまだ無名だったビバッパーたちの演奏を、夜な夜なライブ中継した。

テレビが登場するまでは、ラジオはとても影響力のある媒体でした。

当時のライブ中継は、ファンの録音したものがけっこう残っていて、後に発売されたものも多い。
それを聴くと、たまにシッドの声も収録されています。

彼のしゃべりにはテンポの良さがあり、人気があったのを納得できます。

マイルスの自伝を読むと、シッドのエピソードもあるのですが、カネに汚い奴として書かれている。

シッドはジャズ・コンサートのプロモーターもしていたのですが、マイルスらが出演した時に嘘をついて、きちんとギャラを払おうとしなかったのです。

マイルスはかなり怒っている風なのですが、ここでは曲を捧げている。

演奏内容に話を移しますが、曲の形式は12小節×2のブルース曲。

ただし、一般のブルースとはコード進行を変えています。

(コード進行については、おまけで解説します)

この演奏での特徴は、ピアノをマイルスが弾いている事でしょう。

彼はたまにピアノを(後年はシンセサイザーを)弾くんですよね。

なぜこの曲で弾いたかというと、ピアノを担当するレッド・ガーランドが機嫌を損ねて、レコーディング中に帰ってしまったからです。

レッドは、一時期はプロ・ボクサーをしていた人で、ピアノを弾かせると優しいスタイルなのですが、なかなか激しい所があったようです。

マイルスが我儘で気性の激しい人なのは、誰もが知るところ。
普通は周りが折れるのですが、レッドは我慢しなかったのでしょう。

で。ピアニストが居ないので、マイルスは自分以外の人がソロを取る時には、ピアノの前に座りコードを弾いた。

マイルスが吹いている間は、当然ながらピアノは無しです。

普通だと、レコーディングは中止にすると思うんですよ。

じゃなかったら、急いで他のピアニストを呼ぶ。

そのままレコーディングを続けて、それを発表してしまうのが、マイルスの常人とは異なる点です。

演奏の出来は、異常な状況下での録音のため、どこかちぐはくな感じがあります。

13分にも及ぶ演奏なのですが、あまり達成感や充実感はない。

でも、いつもと違う妖しい雰囲気があり、アルバム全体を通して聴くと、この曲がよいアクセントになっている。

次は、3曲目の「Two Bass Hit」です。

この曲は、ビバップが盛り上がっていた1940年代に生まれた曲ですが、
それをお洒落に華やかにアップグレードしています。

マイルスは、名曲にアレンジを加えて、より聴きごたえのあるものにするのが上手い。

テーマでは、フィリー・ジョーのドラムを聴いてしまう。

マイルスも素晴らしい音色でテンション高く吹いているが、その背後でスーパー・テクニックを連発するドラムに自然に耳がいく。

どのフレーズも凄い切れ味で、聴くたびに「人間技とは思えん、史上最高のドラマーだったんじゃないか」と思ってしまう。

生で聴いたら、完全に我を忘れてしまい、失禁してしまうかもしれない。
それ位に、あり得ないレベルでスウィングしているし、華麗なフレーズが次々と飛び出してくる。

アドリブ・ソロは、マイルスは全くやらずに、コルトレーンとキャノンボールが担当しています。

マイルスは、自分が心から信頼できるミュージシャンがバンドに在籍している場合、
自分はソロを取らずに脇役に回ることがある。

このアルバムの5曲目では、ピアノ・トリオで演奏させて、マイルスは参加すらしていない。
それだけメンバー達の能力を信頼していたのでしょう。

まだ3曲の紹介を残していますが、長文になってきたので、2回に分けることにします。

(2016年6月22~24日に作成)


私の愛するジャズアルバム 目次に戻る