ソニー・ロリンズの「ソニー・ロリンズ Vol.2」

このアルバムは、ソニー・ロリンズが、1957年4月に録音したものです。

Vol.2となっていますが、特に続編という訳ではなく、「ブルーノート・レーベルにおける2枚目のリーダー作」という意味です。

このアルバムでのロリンズは、まさしく絶好調で、すばらしいプレイをしています。
音にひらめきと輝きがり、自信に満ち溢れています。

この時期(1950年代後半)のロリンズは、実に沢山のアルバムを発表していますが、このアルバムはその中でも5指に入る出来だと思います。

ロリンズのすばらしさだけでも買いなのですが、さらにこのアルバムには
『セロニアス・モンクとホレス・シルバーの、偉大な二人のピアニストが参加する』という特徴もあります。

何と1曲では、モンクとシルバーの共演すら実現しています。
モンクが他のピアニストと共演するなんて、奇跡と言っていい事です!

他のメンバーもすばらしいプレイをしていて、特にトロンボーンのJJ・ジョンソンがかっこいいです。
私は基本的にジャズ・トロンボーンがあまり好きではないのですが、このアルバムでのJJのプレイには聴くたびにしびれます。

まず、参加メンバーを紹介します。

ソニー・ロリンズ(ts)  JJ・ジョンソン(tb)

セロニアス・モンク  ホレス・シルバー (p)

ポール・チェンバース(b)  アート・ブレイキー(ds)

ジャズにある程度詳しい人だと、このメンバーを見ただけで、「おっ! 何か面白い事になりそうなメンバー構成だな」と思うでしょう。

こういった個性やアクの強いメンバーが集まると、噛み合わなくてボロボロになるパターンもあります。
しかし、この録音ではそれぞれの個性がプラスに働いて、グレイトな内容になりました。

ここからは、各曲を解説していきます。

まず、1曲目の「Why Don't I」です。

曲の構成が「8+8+4+8」の小節数になっており、少々変わっています。

8の部分がA、4の部分がBの、AABA形式の曲です。

テーマでは、「ンタタタ、ンタタタ」というリズムを連発して、煽る感じを出していますね。
ジャズのテーマではあまり見ないリズムで、珍しい作曲といえます。

アドリブに入ると、普通の4ビートになります。

テーマの後は、ロリンズのソロになるのですが、これが最高なんです!
めちゃくちゃカッコイイです。

太い音で、ぶりぶりと音を出していくロリンズを聴いていると、「最高じゃん! この日のロリンズは絶好調だなー」と感じます。

ロリンズは2コーラスのソロを取るのですが、2コーラス目に入ると、
ドラムは「ンタタタ、ンタタタ」というテーマで使っていたリズムを入れ始め、ピアノもそれに合わせて弾き始めます。

このバッキングに対して、ロリンズは素早いフレーズで対抗するのですが、その対比がとてもスリリングでかっこいいです。

続けてJJがソロを取りますが、これもすばらしいです。

トロンボーンはスウィングするのが難しい楽器なのですが、ここでは良くスウィングしており、気持ちいいです。

その後には、シルバーのソロになるのですが、チェンバースのベース音が目立っていて、そっちに耳がいきます。

チェンバースが最高にスウィングした、神レベルのプレイをしているので、ここではピアノではなくベースが聴き所だと思います。

私はいつも、ホレスの音はほとんど聴かずに、チェンバースの力強い4ビートを聴いています。

チェンバースは間違いなく、人類史上最高のベース奏者の一人です。

この頃の彼は、まだデビューしてから2年くらいで、年齢も23歳くらいですが、完全に完成されたスタイルでプレイしています。

彼のベースは、知的で洗練された音で、女性的なナイーブな世界を持っています。

ポン、ポンと軽やかに進むリズムが特徴で、私が大好きなベース奏者です。

彼のベースは、低音部の時に「ギシッ」とびびる事があるのですが、なぜかその音に色気や情熱を感じて痺れてしまう。
普通だとミストーンなのですが…。何なんですかねー。

そしてこの後は、ソロイストとドラムの4小節ソロ交換になります。

ここがまたかっこいいのですが、2コーラス目に入るとソロ交換がきちんと進まず、ロリンズとブレイキーのドラムが被ってしまい、ぐちゃぐちゃになります。

狙ってやっているのか、間違えてしまったのか…。
まあ、かっこいいので、間違えたのだとしても全然OKなのですけどね。

クラシックなどと違い、ジャズはかっこ良ければ間違えてもOKなんです。

アドリブをしている時点で、リスクを取っているわけで、『ハイリスク、ハイリターン』を志向する世界なのです。

たまに、ジャズに完璧さを求める(ミスをすると評価を下げる)人がいますが、ジャズを分かっていないと思います。

次は、3曲目の「Misterioso」です。

ここでの聴き所は、何と言ってもモンクとシルバーが共演している事です。
(曲の途中でピアノを交代している)

モンクがこんな事をするなんて、想像もできないのですが、実際に音として残っているので、「そういう事もあるものなんだな」と思うしかないです。

二人のスタイルの違いを聴き比べられるのが、楽しいところです。

アドリブソロでは、ロリンズのソロが一番創造的で、すばらしいと思います。

次の4曲目は、「Reflections」です。

この曲はモンクの作曲で、私はとても美しい曲だと思うのですが、あまり演奏されないですね。

モンクの曲は、演奏するのが難しい曲が多いのですが、この曲もそうですねー。
メロディがふらふらしていて把握しづらいし、コード進行も尋常ではないです。

ロリンズはこの難しい曲を、自然にダイナミックにプレイしており、演奏し慣れているのを感じさせます。

モンクの伝記に書いてあったのですが、モンクは自宅でワークショップを定期的に開いていた時期があり、ロリンズは頻繁に参加していました。

ロリンズは50年代前半からこの録音の頃までは、モンクのバンドに参加していましたし、この曲にも馴染んでいたのだと思います。
そうでないと、ここまで完成度の高い演奏はできないです。

ロリンズは最初から最後まで、完璧なプレイを見せており、メロディのフェイクのさせ方も実に粋にこなしています。

低音部から高音部まで自在に駆使して、ダイナミックに仕上げていますね。
本当に圧巻です。

ロリンズの幾多の名演の中でも、屈指の演奏だと思います。

特に、モンクのソロの後に取る1コーラスは、最高にスリリングで決まっています。

聴くたびに、「すげーよ。原メロディを活かしながら、こんなに沢山のかっこいいフレーズを加えていけるなんて、超人だな!」と思います。

サビの部分での、躍動感と意外性のある創造力に満ち溢れたフレーズが、特に好きです。

モンクも1コーラスのソロを取るのですが、ゆったりとマイペースに、彼ならではの世界を構築していますね。

このマイペースさが彼の魅力なのですが、理解できない人だと「リズムはずれまくっているし、何をやっているんだ?」と感じてしまうのでしょう。

モンクのリズムは、メトロノームみたいな正確なものではなく、海の波とか心臓の鼓動みたいな流動的なリズムなんですよ。

実に活き活きしているし、最高にかっこいいリズムなのですが、理解できない人は多いようです。
残念至極です。

この曲は「8+8+8+8」の小節数で、AABA形式ですが、曲の最後だけはBAが追加されて、Bはモンクが、Aはロリンズが担当しています。

素敵なアレンジになっているのですが、これはロリンズがモンク先生を立てたのでしょうか。

モンクの作曲だという事もあり、全体的にモンク色のとても強い演奏になっています。

5曲目は、「You Stepped Out Of A Dream」です。

これは、超アップテンポで演奏しています。

ロリンズは調子が良いと、アップテンポでもリズムがずれず、正確に楽器をコントロールして見事にスウィングします。
ここではそういう、凄みのあるロリンズが堪能できます。

良い時のロリンズのすばらしい所は、単にリズムがずれないだけではなく、『リズムに絡みつくような』ノリを出せる事です。
粘り気のある、黒人ならではのノリを生み出せるんですよ。

ここでのロリンズのソロは、「きゃー、かっこいいー!」といつも感動しますね。

とにかく、もの凄いスウィング感です。

彼は、ソロの出だしをゆっくりとしたトリルで始めるのですが、実にクールです。
すごい演出だと思います。

何でもないアイディアに見えるかもしれませんが、やってみろと言われたら、ほとんどの人が尻ごみすると思います。
これをクールに緊張感を持って出すのは、大変ですよ。

さらに、ソロの途中ではえらく早いフレーズを「ドダダダー」と繰り出すのですが、リズムがちゃんとキープできているんですよ。
「なぜ出来る? あなたは人間なの?」と思っちゃいます。

ロリンズに続くJJのソロも、最高です。
このアルバムでの、JJの一番良いソロだと思います。

様々なリズムを織り交ぜて、ドラムのブレイキーを刺激するJJを聴いていると、「良いセンスをしているなー」と感嘆します。

刺激されたブレイキーは熱いフレーズを次々と入れ始めるのですが、それに合わせていくJJを聴いていると「この人は大人だなあ」と思います。

JJは周りを活かすのが上手いですね。サッカーで言うと、名ボランチといった感じです。

その次にはシルバーのソロが続きますが、まあまあなので省略します。

そしてその後には、チェンバースの弓弾きソロになります。

さりげなく演奏していますが、これは神技です!

ウッドベースの弓弾きを、これだけの早いテンポで、ここまでスウィングし、音程も正確で、メロディアスなフレーズを展開していくのは、超むずかしいんですよ。

チェンバースは弓弾きソロの名手として名高いですが、ここまで弓弾きがかっこ良かったジャズ・ベーシストは、他には居ませんね。

ベースソロの後は、ドラムを交えたソロ交換になります。
ここもかなりなものです。

が、しかし! その後の『ロリンズとJJのソロ交換』が、凄いんです!

ロリンズがアイディアを提示して、それにJJが応えるのですが、そのやりとりがジャズの香りをプンプンさせていて、最高なんです。

ロリンズのぶっ飛んだフレーズへのJJの応答が実に的確で、「すげえよ…JJ。」とその対応力に脱帽します。

最後の曲は、「Poor Butterfly 」です。

ロリンズは低めのキーに設定して、低音を活かすプレイをしています。
そこが、まずかっこいいですね。

テナーサックスは、低音で「ブワー」とやるだけで痺れてしまうほど、低音に魅力がある楽器です。
テナーサックスの低音って、単に厚みや深みがあるだけではなく、色気がありますよね。

そこに、ロリンズの音色の美しさやニュアンス表現が加わるので、テーマメロディを吹いているだけなのに、まいってしまうんです。

ソロは、JJ→シルバー→チェンバースと取っていくのですが、シルバーは最高のプレイをしていて、このアルバムで一番のソロを弾いています。

シルバーというと、一般的にはアップテンポの曲で輝く人というイメージがあるみたいです。
でも私は、落ち着いたゆっくりめのテンポでプレイした時のシルバーが、好きです。

ここでは、リラックスした、無駄なフレーズの無い、最高のソロを弾いてます。
音色も美しいです。

チェンバースのソロもすてきです。
彼は、本当に美しい音色をしていますね。

チェンバースのソロの最後の小節では、ロリンズは先食いして「タラララ」と吹き入ってきます。

普通これをされると少し驚き戸惑うものですが、チェンバースは冷静沈着に「トトトト」と絶妙のバッキングをしてサポートします。
献身的な愛を感じますね。

チェンバースの後は、ロリンズがもう一度テーマ・メロディを吹いて曲が終わるのですが、ここでのロリンズは「1オクターブ上げて」テーマを吹いています。

曲頭では低音を活かした落ち着いたプレイで魅せましたが、ここでは1オクターブ上げて、叫ぶ様な激しく狂おしいプレイで魅せます。
いかした演出ですねー。

この演出により、曲の終局だというのを、上手く聴き手に意識させています。

曲の解説は以上です。

このアルバムは、ロリンズの作品の中では知名度が低いです。
でも、充実した内容の傑作だと思いますよ。

ぜひ、聴いてみて下さい。

(2012年12月15日作成)


私の愛するジャズアルバム 目次に戻る