死とは、自分の核心(神の源)と深く融合する事だ

 神   あなたは、「神性を目指す旅の途上」にいるのではなく、「神性を経験するプロセスの最中」
     にいる。

     人生が続いていく中で、『自分の核心(自分の神性・神の源)』をもっともっと体験するだろう。

     あなたは永遠に、『自分の核心』と融合している。

     そして、生命のプロセスの一環として、そこから再び現れて(生まれ出て)新たな表現を
     する。

     死とは、『自分の核心』としっかりと融合して、そこから再び現れることなのだ。

ニール  それは、輪廻転生の事ですか?

 神   そういう言い方もするね。

(『神へ帰る』から抜粋)


神へ帰る 目次に戻る