マスターは、超絶意識のレベルで創造を行う
だから自分が創造した事を疑わない

 神   マスターは、『超絶意識』のレベルで創造を行う。

ニール  だから、マスターは何事にも驚かないのですか?

 神   いつも意識を引き上げている人にとっては、成果や結果は意図されたものであり、
     決して意外なものではない。

     経験がどれほど予想外かを見れば、その経験を知覚している意識レベルが分かる。

     マスターを目指している者は、たとえ自分の経験が好ましく見えなくても、その経験に
     同意する。
     自分がどこかの意識レベルで、それを意図していると知っているからだ。

     それにより、他の人にはストレスになる環境に居ても、安らいでいられる。

     マスターを目指す者は、どんな経験も、自分が責任を担っている事を疑わない。
     それこそが、マスターへの道を歩いている証なのだ。

     この世界には、被害者はいないし、悪人もいない。

ニール  「被害者は誰もいない」という考え方は、気持ちの上で受け入れがたい時もあります。

     あなたは、「被害者に見えるのは、限られた視点で見ているからだ」と言いますが、
     人はどうすれば視野を広げられるのですか?

 神   人々に、創造の道具(思考・言葉・行為)について話してやりなさい。

     これが、あなた方がミクロの現実を創造するための道具だ。

     自分を犠牲者だと考え、犠牲者だと言い、犠牲者のように行動するなら、あなたは犠牲者の
     体験をする。

     誰かを犠牲者だと考え、犠牲者だと言い、犠牲者のように行動するなら、その誰かは
     犠牲者の体験をする。

     「自分は犠牲者だ」と主張するのは、「この状況は、自分が創り出したのではない」と
     断言することだ。

     それは、自分について嘘を言うことだよ。

     すべてのマスターは、この事を知っている。
     だから、物事を他人のせいにしない。

(『神へ帰る』から抜粋)


神へ帰る 目次に戻る