自殺についての解説
自殺をすると目的が完了せず、同じ環境で再び生まれてくる

ニール  あなたは、「死は、自分で選んで行う事だ」と言います。

     それが本当ならば、死は全てが自殺になるんじゃないですか?

 神   死に限らず、人生のすべての出来事の原因は、あなただ。

     死が自殺であるためには、2つの条件が必要だ。

     ①  意識的に死を選択すること

     ②  人生を完了させるためではなく、そこから逃げるために死を選択すること

     死は力強い創造の時だが、「逃げるための」ものではない。

ニール  自殺について、みんなの気持ちを楽にしてあげる事はできますか?

 神   「自殺した人も大丈夫なのだ」と分かれば、気持ちが楽になる。

     自殺した人も、神に愛されているし、見放される事はない。

     その魂の達成しようとした事が、完了しないだけだ。

ニール  それでは、「自殺しても罰せられる事はない」とおっしゃるのですか?

 神   あの世には、罰は存在しない。

     自殺によって罰せられるのは、残された人達ではないか?

     残された人達は、衝撃と喪失感を味わう。 自分を責め続ける人も多い。

     自殺をする人は、「これで物事が変わる」と想像するが、そうではないのだ。
     逃れるために人生を終わらせても、何からも逃れられはしない。

     つらい体験をしている場合、人はその経験を遠ざけようとするが、その人の魂はその体験を
     選択しているのだ。

     経験がつらいと、人は何もない虚空に逃れようとする。

     だが、虚空などは存在しない。
     この宇宙のどこにも、「何もない所」などない。

     あなたは何処に行っても、あなたの創造したものとぶつかる。

     なぜなら、それを創造したのは自分のためだから。

     創造したものを回避することは、あなたのためにならない。

ニール  あなたは少し前に、「死はすばらしい事だ」と言いました。

     死がすばらしい事なら、どうして自殺をしてはいけないのですか?

 神   死はすばらしいが、『生命/人生』以上にすばらしいわけではない。

     それどころか、死とは「違う形で続く生命/人生」なのだよ。

     あなたは死後に、この世に居た時にたずさえていたすべてと出会うだろう。

     人は、前回の生で取り組まなかった事に取り組むために、再び肉体に宿るのだよ。

ニール  霊的な領域(死後の世界)に、留まり続けるわけにはいかないのですか?

 神   そうだ。

     あなたは、どんな経験をするかを、霊的な領域で選択して、ここに来ている。

     だから自殺をしても、また肉体的な人生に戻り、経験しようとした事を一からやり直す
     ことになる。

     これは罰ではなく、自由意志による自己創造のプロセスだ。

ニール  すると、自殺をした人は、同じ事にまた取り組むのですか?

 神   そうだ。

     自殺をしても、同じ課題や経験を、何度も創り出すだけだ。

ニール  それって、つまりは「自殺は悪い事だ」ということですか?

 神   同じ課題や経験をくり返し創造するのは、別に間違ってはいないし、悪い事でもない。
     あなたの好きにしたらいい。

     ただし、その課題から逃れるつもりなら、「それは出来ない」と知っておく事だ。

     課題とぶつかりたくないと人が感じるのは、「たった一人で取り組まなくてはいけない」
     と思うからだ。

     一人ぼっちで頼れるものはないと感じると、人は絶望に直面し、逃げる事しか考えられなく
     なる。

     だからこそ私は、「あなたには私が付いている」と言うのだし、あなたはその事を世界中に
     伝えてほしい。

     私がそばに居る事を知るには、私に呼びかけさえすればいい。
     私は手を差し伸べる。

ニール  どうして、こっちから手を差し伸べなければ、あなたは助けてくれないのですか。
     あなたは、私たちに助けが必要だと分かっているでしょう。

     それに、「私は呼びかけたが、神は応えては下さらなかった!」と言う人には、
     どうおっしゃりますか。

 神   ここで、奇跡の可能性について考えてもらいたい。

     重要なのは、『たった今、あなたの前に答えがあるかもしれない可能性』について、
     考える事だ。

     心を開けば、答えが目の前にあると感じる(気づく)だろう。

     「絶対に神は応える」と知って呼びかける時にだけ、あなたは答えが与えられていると
     気づく。

     絶望のうちに私に呼びかけても、私はそこに居るが、絶望があなたの目をくらませて
     見えなくする。

     あなたは、自分を批判する事をやめなくてはいけない。

     一番の強力な批判をするのは、あなた自身だ。

     他の人達は外側から批判をするが、あなたを知らないし見ていないから、その批判を
     取り込んで影響を受ける必要はない。

     他の人達は、自分の苦痛を通してあなたを見ている。

     他の人が真のあなたを見抜くまで、待っていることはない。

     たった今、この私が真実のあなたを見ていること、あなたを完璧だと見ていることを、
     知りなさい。

     神の王国に、赦しは必要ない。
     神は決して、腹を立てたり傷ついたりしない。

     神(宇宙全体)にとって大事なのは、「あなたは何者か」という事だ。

     あなたが真の自分(すべてと一体である自分)を知っていれば、孤独も絶望も消えうせる。

     そして、「人生/生命は奇跡だ」と認識するだろう。

     あなた方は、今この瞬間に、10万の天使に囲まれている。
     その天使たちの援助を、受け入れなさい。

     奇跡はずっと、あなたを待っている。

     あなた自身が誰かにとっての奇跡になった時、それが分かるだろう。

     さあ行って、死が最大の悲しみを言明する時ではなく、最大の栄光の時となるように
     しなさい。

     これを行えば、あなたの魂の平安が、ついに実現される。

ニール  ありがとうございます。

     もう1つだけ質問があります。

     安楽死については、どうなのでしょうか?

 神   それは、全く自殺とは別だ。

     どう考えても終わりが間近い人生に終止符を打つことは、別の種類の判断だ。

     最後の苦痛と屈辱に、耐える義務などない。 それぞれが判断をすればいい。

(『神へ帰る』から抜粋)


神へ帰る 目次に戻る