あらゆる状況とあらゆる結果が、たった今ここに存在する
あなたは注目をする事で、可能性の中の1つだけを経験する

ニール  あなたは、「すべての出来事は、たった今に起こっている」と言います。

     それならば、どうして私達は出来事を「連続的なもの(同時的ではないもの)」として
     経験できるのですか?

 神   それは、「どのような見方を選ぶのか」という問題なのだよ。

     あなたの経験は、あなたが何を見るかによって創造される。

     もっと正確に言えば、『時/空間』の中をどの方向に動くかによって、経験が決まる。

ニール  どういう事ですか?

 神   分かり易く説明してあげよう。

     『自分が、大きく豪華な書斎に入室した』、と想像してごらん。

     あなたは部屋に入り、何かに気付く。

     隅にある大きな裸像かもしれないし、壁際の大型テレビかもしれない。

     あなたは関心をそっちに向けて、心をそこに置く。

     やがて、あなたは部屋を見回して、それほど印象的ではない小さなものにも目を向ける。

     そして、本棚にある1冊の本に視線が止まる。

     あなたがこの部屋に入ったのは、その本を探すためだった。

     あなたは、「ああ、ようやく見つけたよ!」と思う。

     あなたは、部屋に入ってすぐに、その本を見つける事もできた。

     探していた本はずっとそこにあり、あなたが見つけるのを待っていた。

     だが、あなたはそっちを見なかったから、本に気付かなかった。

     その部屋には、すべてが最初からあった。 すべてが同時に存在していた。

     あなたは、何かに注目する事で「発見」をし、それから経験をする。

ニール  なるほど、分かってきましたよ。

 神   どんな出来事も、突然に現れるのではない。

     あなたが注目したから、あなたの目の前に現れたのだ。

     量子物理学では、「あなたが見るまでは、何も存在しない。あなたが見る事で、それは存在
     する。」と言う。

     しかし、もっと進んだ科学では、このように説明する。

     「 究極の現実では、あらゆる状況とあらゆる結果が、たった今ここに存在する。

       あなたは注目をする事で、その可能性の中の1つだけを経験する。
       可能性の1つを、あなたの心に置く。 」

(『神へ帰る』から)


神へ帰る 目次に戻る