思い出すこと③ あなた方は、自分の意思に反して死ぬ事はない
本当は、犠牲者は存在しない

ニール  あなたは、「誰でも、死は自分で選んで行う」と言います。

     でも、私は死にたくなんかないですよ。

 神   死が、あなたの意思に反して起こると思うかね?

ニール  そう思っている人は、たくさんいるでしょう。

 神   何事も、あなたの意思に反して起こる事はない。
     それは不可能だ。

     そこで、思い出す事の3番目は、これだ。

     『 あなたは、自分の意思に反して死ぬ事はない 』

ニール  それが本当なら、どんなにほっとするか知れないな。

     でも、起こってほしくない事が、現にたくさん起こっていますよ。

 神   あなたが起こってほしくない事は、何も起こりはしない。

     起こってほしくない事が起こっていると、「想像すること」は可能だ。
     だがそれは、自分を犠牲者だと思えるだけのことだ。

     「起きてほしくない事が起きる、自分は犠牲者だ」という考えは、進化を遅らせる。
     こうした考えは、視野が限られている証拠だ。

ニール  でも、レイプされた人や、蛮行によって村を滅ぼされた人達に、「犠牲者などあり得ない」
     なんて言えませんよ。

 神   苦しみの最中にある人達には、深い同情と優しい愛情を持って寄り添えばいい。

     霊的な真実をその人達に言っても、癒せはしない。

     まず寄り添って痛みを癒し、それからその痛みを創り出した思考を癒しなさい。

     痛みが癒されれば、人は「真の犠牲者などいない」との認識レベルに到達できる。

ニール  大抵の人は、「真の犠牲者などいない」という言葉を、なかなか受け入れられないと思います。

 神   これは、宗教が長年に渡って言ってきた事と、別に違いはない。

     宗教は、「神には完璧な計画がおありだ」と言うじゃないか。

     この『完璧な計画』という考え方については、この対話の後の方で取り上げよう。

(神へ帰るから抜粋)


神へ帰る 目次に戻る