自分の存在の芯では、あなたと『存在するすべて(神の総体)』が合体する

ニール  私たちが『時空の連続体(物理的な世界+霊的な領域)』の中を旅していくのは、永遠に続くの
     ですか?

     1ヵ所に留まる事は、出来ないのですか?

 神   永遠に留まれる所は、何処にもない。

     「何処にもない(Nowhere)」という単語の間にスペースを入れると、
     「今、ここに(Now Here)」になる。

     あなたは、「今、ここに」永遠に留まる。

     「今、ここ」だけが、存在する唯一の時空だ。

ニール  なるほど。

     でも、天国やニルヴァーナは、「神の核心部」にあるのではないですか?

 神   そうだ。

     だが同時に、他のどこにでもあるのだ。

     しかし、他の何処にもない特徴が、『核心部(自分の存在の芯)』にはある。

     だから、あなた方はそこに行くんだよ。

ニール  それは何ですか?

 神   『唯一無二』だ。

     自分の存在の芯では、『存在するすべて(神の総体)』とあなたが1つになる。

     そこでは、「知ること」と「経験すること」が合体する。

     この合体は、いつでもどこでも行えるが、自分の存在の芯では他に関心が奪われないので、
     一番行い易い。

(『神へ帰る』から)


神へ帰る 目次に戻る