壁画(出来事・経験)は、好きな様に描き直せる

ニール  私たちは、たくさんの人生/生命を同時に生きているし、この人生だって何度も生きている
     のですね。

 神   その通りだ。

     もう1つ、細かい事を話そう。

     「あなたが壁画を描いた」のだよ。

     そして、いつでも壁画を描き直すことが出来る。

ニール  何ですって??

 神   あなたは、時間のどの時点でも(どの壁画でも)、通り過ぎるたびにその部分に描き加えたり、
     一部を消したり、塗り重ねたり、色を変えたり出来る。

     好きな様に描き直すことが出来るのだ。

ニール  そんな。 それじゃあ、「超ひも」というのは、私の絵筆なのですか!

 神   上手い! 見事な例えだ。

ニール  そうなると、可能性は無限になりますね。

     そして、この作業は永遠に続けられる事になります。

 神   我がすばらしき者よ。 その通りだ。

ニール  私は、自分の生命エネルギーの振動(超ひもの振動)を変化させる事で、「時間の回廊」に
     壁画を描いているのですね。

 神   そうだ。

     あなたは、思考・言葉・行為によって、前途を「描いて」いる。

     あなたは、「可能性のすべて」という絵を、壁に描く。

     あなたが可能だと考えた事は、すべてが壁画に描きこまれる。

(『神へ帰る』から)


神へ帰る 目次に戻る