すべての可能性が壁画に描かれる
選びたい可能性を描き、選びたくない可能性は無視しなさい

ニール  私は、自分の生命エネルギーの振動(超ひもの振動)を変化させる事で、「時間の回廊」に
     壁画を描いているのですね。

 神   そうだ。

     あなたは、思考・言葉・行為によって、前途を「描いて」いる。

     あなたは、「可能性のすべて」という絵を、壁に描く。

     あなたが可能だと考えた事は、すべてが壁画に描きこまれる。

ニール  そして、私は目を向けた可能性を体験する。

 神   そうだ。

     あなたは、関心を向けた部分の壁画を経験する。

     大事なのは、「あなたは、可能性のすべてに関心を向ける必要はない」という事だ。

     そんな事をしたら、正気でなくなってしまうよ。

ニール  でも、普通の人よりも沢山の壁画をいっぺんに見られる人がいますね。

     彼らは、「注意欠陥障害」というレッテルを貼られます。

 神   そういう人達は、関心の幅が普通の人よりも広い。

     彼らは、たくさんの事を取り込む。

     それを理解すれば、そういった人への態度は変わるだろう。

     彼らの事を、「天賦の才能のある人」「霊能力者」「インディゴ」と呼べばいい。

ニール  分かりました。

     私が知りたいのは、「どうやったら、良い可能性を描けるのか」という事です。

 神   ある絵を心の目で見て、それを選びたくないなら、その絵は二度と見ないことだ。

     自分が選びたいものを、描きなさい。

     これは、死後についても当てはまる真実だ。

ニール  死後も自分の現実を自分で創り出すなんて、本当にすごいです。

 神   「死などない」と気付けば、そうすごい事でもないよ。

(『神へ帰る』から)


神へ帰る 目次に戻る