思い出すこと⑬
死と誕生は同じ事である どちらも創造の時だ

ニール  死というのは、終わりではなく、すべての中心(芯)なのですね。

 神   そうだ。

     死は、生命の中心的な体験であり、「自分の存在の核心」へとあなたを導く。

     新しい生命の種は、常に「核心」にある。

     死を通してあなた方は再生し、物理的な世界に戻ってくる。

     思い出すことの13番目は、これだ。

     『 死と誕生は、同じ事である 』

ニール  死と誕生は、同じなのですか?

 神   魂にとっては、そうなのだ。

     どちらも、単なるエネルギーの変圧器のようなもので、魂(エッセンス)を次の世界に
     移行させるための仕組みだ。

     死と誕生はどちらも、「創造」という言葉で代えられる。

     どちらも、「プライム・タイム(創造の時)」なんだよ。

ニール  すると、誰かが生まれた時と亡くなった時は、「新たに創造された」と言えるのですね。

 神   すばらしい理解だ!

     ほとんどの人は死を悲しい経験と信じているが、あなた方は死をすばらしい経験にも
     出来るのだよ。

(『神へ帰る』から)


神へ帰る 目次に戻る