死にかけている人には、こう教えてあげなさい

 神  あなた方は、この世界で聖職者に任命される必要はない。

    あなたが生きているという事は、神が聖職者に任命したという事だ。

    あなた方は、すでに聖職者である。

    見る目さえあれば、毎日、誰かに癒しと愛を与えるチャンス(聖職者になれるチャンス)が
    見つかるだろう。

ニール  死にかけている人には、何と言えばいいのですか?

 神   もしその人達が、「天国に入るには、赦しが必要だ」と信じていたら、赦しを与えなさい。

     そして、「神も赦して下さっている」と言いなさい。

     もしその人達が、「死後には、神と愛する人に抱き取られる」と信じていたら、その通りに
     なると約束しなさい。

     そして、「神も約束して下さっている」と言いなさい。

     もしその人達が、「死後の世界なんてない」と信じていたら、違う考え方を教えて
     あげなさい。

     そして、「神も、そう教えて下さっている」と言いなさい。

     それから、後に残していく人達の事は、心配しなくていいよ。

     死後の永劫(無時間)の中では、いくらでも再会できる。

     死は贈り物であり、あなたが我が家(神)に戻るのを、神は待っていて迎えてくれる。

(『神へ帰る』から)


神へ帰る 目次に戻る