「不足」という、第4の幻想

 神   この幻想は、第3の幻想(分裂の幻想)から生まれる。

     分裂という幻想がなければ、不足という幻想は支えられない。
     「すべてが一つ」で一体ならば、どのような不足も存在し得ないからだ。

     分裂の幻想は、「充分ではない(不足している)」という考えにつながる。

     あなた方は、「神と自分は離ればなれだ」と想像をし、自分を神(あらゆる生命)から
     切り離した。

     この自分自身からの分離こそ(あなたは神だから、神から離れれば自分から離れる事になる)、
     「エデンの園からの追放」と呼ばれるものだ。

     この「自分(=神)からの分離」によって、永遠の生命があるのに、(想像上の)死が出現する。

     ありあまる豊かさがあるのに、(想像上の)不足が出現する。

     『不足という幻想』に囚われると、自分があらゆる生命と競い合っているように見えてくる。

     そして、あなたを支えている生命(大自然)を、コントロールしようとする。

     あなた方は、永遠で限りなく豊かで、すべてと一体の存在だ。

     それなのに、その事を思い出さない。

     それゆえに、もっと豊かさを得ようとして、生命を抑えつけようとする。

     あなた方は、「この世界には、充分な生命がないのではないか」と心配をし、その不安から
     『死』を想像した。

     自分たちがばらばらだと想像するまでは、神(生命)が永遠ではないなどとは、思いも
     しなかったのにだ。

     死は、不足という幻想の最高レベルの働きだ。

     生命が充分でなくなると、あなた方は「生き延びるために必要な事は何か」を考え始めた。

     そして、「生き延びること」が本能だと認識されて、セックスまでもを「種としての生存を
     確保する行為」とした。

     あなた方は、『セックスは愛の表現だ』という真実を見失った。

     生命は永遠だが、あなた方はそれを思い出さずに、「生命をめぐって競い合う事が多いの
     だから、生命は充分ではない」と考えた。

     限りがあると思うから、それをめぐって競い合い、地球と自分自身を滅ぼしかけている。

     あなた方は、生命は充分ではないと思うがゆえに、生命を創造する神までが充分ではないと
     思った。

     これは、「神には限りがある」という信念にまとめられる。

     「神には限りがある」と思うから、神をめぐって競い合い、時には一つの文明を絶滅させようと
     さえする。

     あなた方の宗教は、この事実を認めない。
     特に神学は傲慢で、すべての答えを知っているふりをして、疑いを許さない。

     「充分ではない」という考え方(幻想)は、競争につながるだけではなく、弾圧・抑圧・沈滞を
     引き起こす。

     「充分に存在する」と思えば、争いもいさかいも無くなる。

     明らかに、この幻想には欠陥があった。
     だから、間違いだと分かるはずだった。

     しかし、あなた方の祖先はどこか深いレベルで、「この幻想を捨てると、大切な事が失われる」
     と感じていた。

     その感じ方は正しかった。
     幻想は、創造の道具として使えば、偉大な創造につながるからだ。

     だが彼らは、過ちを犯した。

     幻想を幻想と見抜いて、創造の道具として活用するのではなく、「幻想の欠陥を繕わなければ
     ならない」と考えたのだ。

     こうして、第4の幻想の欠陥を繕うために、『課題』という第5の幻想が生まれた。

(『神とひとつになること』から抜粋)


神とひとつになること 目次に戻る