10種類の幻想のまとめ 真実とはこうである

 神   あなた方は、「神は何かを求めているから、それを差し出さなければ神と一体にはなれない」
     と聞かされてきた。
     (必要性という幻想)

     それは、全く真実ではない。

     あなた方は、「神とあなたは切り離された。人と人とは切り離されてバラバラだ。」
     と聞かされてきた。
     (失敗と分裂の幻想)

     それは、全く真実ではない。

     あなた方は、「すべては充分には無い。だから、それを競って奪い合わなければならない」
     と聞かされてきた。
     (不足と課題の幻想)

     それは、全く真実ではない。

     あなた方は、「神が求めるようにしなければ、罰を受ける。罪を宣告されて永遠に苦しむ。」
     と聞かされてきた。
     (裁きと罪の宣告の幻想)

     それは、全く真実ではない。

     あなた方は、「愛は条件付きだ。勝つための条件を知っていれば、人よりも優越できる。」
     と聞かされてきた。
     (条件と優越の幻想)

     それは、全く真実ではない。

     あなた方は、「神を知ることは出来ない。あなたには、真理は理解できない。」
     と聞かされてきた。
     (無知という幻想)

     それは、全く真実ではない。

     真実とは、こうである。

      ①  神は何も必要とはしない

      ②  神に失敗はあり得ないし、あなた方も同じだ

      ③  離ればなれのものは何もない

      ④  すべては充分にある

      ⑤  しなければならない事は何もない

      ⑥  神の裁きはない

      ⑦  罪の宣告もない

      ⑧  愛に条件はない

      ⑨  すべては一つであり、自らに優越する事はあり得ない

      ⑩  これらのすべてを、あなたはすでに知っている

(『神とひとつになること』から抜粋)


神とひとつになること 目次に戻る