教育とは引き出す事であり、学習とは思い出す事である

 神   教育とは、「引き出す」ことであって、「押し込む」ことではない。

     真の教育とはすべて、すでに生徒の中にあるものを、引き出す。

     教えるとは、学ぶ手助けをする事ではなく、思い出す手助けをする事だ。

     学習とは、「思い出す」ことであり、教訓とは「よみがえった記憶」である。

     新しいことを教えるのは、不可能だ。

     時間は頭で作り出した概念であり、全ては「今、ここに」ある。
     新しいものは何も無い。

     魂は、宇宙の情報のすべてに触れることが出来る。

(『神とひとつになること』から抜粋)


神とひとつになること 目次に戻る