この本は、「幻想を思い出して、もう一度神と一体になる」ための本だ

 神   あなた方は長い間、幻想を抱いて生きてきた。

     それは愚かだからではなく、非常に賢いからだ。

     あなた方は、幻想には重要な目的がある事を、直感的に理解していた。

     ただ、それを忘れている。

     もう「それは幻想だ」と、思い出す時だ。

     あなたは、思い出すプロセスの先頭に立つだろう。

     あなたがこの本へとやってきたのは、幻想を思い出して、幻想に囚われずにもう一度神との
     一体化を達成するためである。

     あなたは、自分の内側に神が存在する事を知るために、周りのあらゆる所で神を見い出す
     ために、ここへ来た。

(『神とひとつになること』から抜粋)


神とひとつになること 目次に戻る