「必要性」という幻想を、幻想と見抜いて活用する①

 神   ここからは、幻想を一つずつ取り上げて、活用する方法を考えていこう。

     「必要性」という幻想は、「自分は何も必要とはしない」という偉大な経験をするのに、
     活用できる。

     この幻想から抜け出した時、あなたは「必要性は存在しない」という『究極の現実』を
     経験する。

     究極の現実とは、「必要だと考えるすべてを、あなたはすでに持っている」という事だ。

     必要性の幻想から抜け出すには、「今、必要だ」と思うものを見つめる事だ。

     そして、「それが無くても、自分は存在している」と気付くことだ。

     必要だと思うものが無いのに、今ここにあなたは居る。
     では、なぜそれが必要だと思うのか?

     何かを必要だと思ったら、「どうして必要なのだろう?」と問いかけてごらん。
     この問いかけが、あなたを解放してくれる。

     はっきりと見つめれば、何であれ、実は必要ではなく、「必要だと思い込んでいるに
     過ぎなかった」と気付くだろう。

     呼吸している空気でさえ、必要ではない。
     死ぬ瞬間に、あなたはそれに気付くだろう。

     空気は身体が必要としているだけで、あなたは身体ではない。
     身体はすばらしい道具だが、創造のプロセスを続けていくのに必要ではない。

     死の恐怖を和らげる方法は、身体への執着を捨てることだ。

     身体から離れれば(死を経験すれば)、それは決して恐ろしいものではなく、輝かしい体験だと
     知るだろう。

     そして、どれだけ身体に愛着があったとしても、「身体に縛られるよりも、身体から離れる方が
     はるかに好ましい」と分かる。

     そうなれば、身体への執着を捨てることは簡単になる。

     この悟りは、身体から離れるまで待たなければならない事ではない。

     身体への執着を捨てるには、「必要性という幻想」から離れればいい。

     離れるには、生命と死についてもっと深く知ることだ。
     なぜなら、「生命は永遠だ」と分かれば、どの経験も何度でも味わえると分かるからだ。

     あなたは、この人生でも他の人生でも、愛する人達と望めばいつでも一体感を経験できる。

     さらに、身体から離れれば、思考と同じスピードで望みは実現する。

     これらの事は、『神へ帰る』という本の中で話してあげよう。

(『神とひとつになること』から抜粋)


神とひとつになること 目次に戻る