「不足」という幻想を、幻想と見抜いて活用する

 神   不足という幻想は、「豊饒(豊かさ)」を経験するために、活用できる。

     「持っている事」を知るには、どこかで「持たない」という体験をしなければならない。
     そこで『不足という幻想』が登場する。

     不足という経験の創造は、豊饒を知って経験するためだった。

     不足の幻想から抜け出るには、どうすればいいのか。

     それには、誰かの不足を満たしてあげなさい。

     お腹をすかせた人には、食べさせてやりなさい。

     服が必要な人には、着せてやりなさい。

     住まいが必要な人には、住まいを提供してやりなさい。

     その時にあなたは、「自分は不足していない」と知るだろう。

     必ず、あなたよりも貧しい人はいる。
     その人を見つけて、あなたの豊饒さを分かち与えなさい。

     何かの受け手になろうとするのではなく、「源」になりなさい。

     そうすれば、「自分は、いつでも持っていたのだ」と思い出す。

     この真理があるから、「自分にしてほしいと思うように、人にしてやりなさい」という
     言葉があるのだ。

     まず、神の王国(天国)を求めなさい。
     そうすれば、すべては与えられる。

     神の王国を求めるには、どうすればいいのか?

     それには、天国を人に与えてやりなさい。

     他の人にとっての天国に、なりなさい。
     人生で触れ合うすべての人に、祝福を与えてやりなさい。

     この事を覚えておきなさい。

     『 与えれば、あなたはそのものに(その源に)なれる 』

(『神とひとつになること』から)


神とひとつになること 目次に戻る