3つの対処法の実践①
必要性の幻想にぶつかった時の対処の仕方

 神   ここからは実例を取り上げて、幻想にぶつかった時の「対処の仕方」を考えてみよう。

     まず、3つの対処法を再確認しよう。

     ①  私の世界のあらゆるものは、現実ではない (幻想を幻想として見抜く)

     ②  すべての経験の意味は、私が与える (その経験が何を意味するのかを、決定する)

     ③  私は「私がこうだ」と決める私であり、私の経験は「私がこうだ」と決める経験である
        (自分を新たに再創造する)

     『必要性という幻想』にぶつかった時、それは「あなたの必要性」か「他者の必要性」の
     どちらかとして現れる。

     自分の必要性に見える方が、せっぱつまった感じがする。
     いきなり、不安や恐怖がわき起こるかもしれない。

     例えば、「酸素が必要だ(酸素が足りない)」と想像したら、たちまちパニックに陥るだろう。

     酸素が足りない状況でも落ち着いていられるのは、「死は存在しない」と知っている者だけだ。

     死を幻想だと見抜いて(対処法①)、死が何を意味するかを決定し(対処法②)、
     「死も再創造のプロセスである」と理解して決定すれば(対処法③)、
     死の意味を自分で決められる。

     イエスはそれを行い、世界を驚かせた。

     (死は幻想であると見抜き、死を復活のための道具と決めて、活用した)

     多くの人にとって、「肉体的な痛み」は死よりも恐ろしい。

     だが、痛みイコール苦しみではない。

     痛みと幸福は、両立しないものではない。
     出産を経験した女性は、それを知っている。

     痛みからの解放は、「必要」なのではなく、その方が「好ましい」だけだ。

     必要性から好ましさに変えれば、あなたは痛みへの執着から離れて痛みの上位に立ち、
     痛みを無視する力を持てる。

     「幸福になるには、何かが必要だ」と、あなたは思うかもしれない。

     だが、よくよく考えれば、それは必要ではないと気付くだろう。

     『幸せとは、経験ではなく、意志である』

     「必要だと思うものが無くても、幸せになれる」と決めればいい。
     そうすれば、幸せになる。

     あなたの経験は、意志決定の結果であって、原因ではない。

     「他者の必要性」を、幻想だと見抜けないと、常に他者の必要性を満たそうとする罠に陥る。

     皮肉な事に、他者の必要性を満たし続けていると、相手を助けるよりも相手の力を奪うことに
     なってしまう。

     「他者の必要性」を感じたら、自分が「寛容さ・親切心・自分の豊かさ」を経験する
     ために、活用すればいい。

     だが、決して「誰かに何かをしてやった」とは思わないように。

     『私はすべてを、自分自身のためにしている』

     これが、あなたの真実であり、神の真実でもある。

     どんな事も、自己の利益以外はあり得ない。
     なぜなら、自己は『存在するすべて』だからだ。

     あなたはあらゆるものと一体であり、あなた以外のものはない。

     これが分かれば、「自己の利益とは何か」という考え方が変わる。

(『神とひとつになること』から)


神とひとつになること 目次に戻る