3つの対処法の実践②
失敗の幻想にぶつかった時の対処の仕方

 神   『失敗の幻想』は、「あなたの失敗」か「他者の失敗」のどちらかとして現れる。

     失敗と思えるものにぶつかったら、すぐに3つの言葉を唱えなさい。

     ①  私の世界のあらゆるものは、現実ではない (幻想を幻想として見抜く)

     ②  すべての経験の意味は、私が与える (その経験が何を意味するのかを、決定する)

     ③  私は「私がこうだ」と決める私であり、私の経験は「私がこうだ」と決める経験である
        (自分を新たに再創造する)

     あなたは、失敗と思える経験が何を意味するかを、自分で決定しなさい。

     「私は成功に近づくために、この経験をしたのだ。この経験は、贈り物として与えられたのだ。
      この贈り物を大切にして、そこから学ぼう。」と決めなさい。

     失敗を、祝いなさい。

     実際にそうしている優れた会社がある。
     過ちが見つかった時や失敗があった時に、上司はみんなを招いてお祝いをするのだ。

     その上司のためなら、部下たちは何でもする。
     なぜなら、その上司は部下たちの最高の部分を引き出し、創造力を発揮して成功する雰囲気を
     創り出しているからだ。

(『神とひとつになること』から抜粋)


神とひとつになること 目次に戻る