内なる創造者との出会い③
感情のコントロールをする

 神   自分の身体をコントロールできるようになったら、次は「感情のコントロール」をする。

     感情とは、「動いているエネルギー」である。

     このエネルギーは、「推進する」ことも、「後退させる」ことも出来る。

     推進すれば「前向きな感情」が生まれ、後退させれば「否定的な感情」が生まれる。

     身体の運動は、このエネルギーを推進する方法の一つだ。

     瞑想も、このエネルギーを推進する方法の一つだ。

     『運動と瞑想の組み合わせ』は、非常に効果的だ。
     これを行えば、大きく成長する可能性が生まれる。

     この組み合わせを使うと、身体と感情をコントロールして、選んだとおりの経験ができる。

     多くの人は、この事実を思い出すと驚嘆する。

     感情は、あなたが「振り回される経験」ではなく、あなたが「選ぶ経験」だ。

     外部の環境は、内的な経験とは何の関係もない。

     安らかな心でいるために、波乱を無くす必要はない。

     マスターたちは、波乱や葛藤に直面しても安らかでいられるのであって、波乱や葛藤を
     回避する方法を発見したから安らかでいられるのではない。

     「自分=身体」ではない事、あなたが見ているすべては究極の現実ではない事。

     これを理解すれば、どんな状況でも内的な平安が得られるだろう。

     『人生のすべては贈り物であり、すべては完璧である』

     これが理解できれば、あなたは「すべてを高く評価し続ける」だろう。

     高く評価するとは、「成長する」という意味だ。

     だから何かを高く評価すれば、あなたも高く評価した対象も、さらに大きく成長する。

     実は、感情はある状況に出会う前に選んで、コントロールする事ができる。

     つまり、どの様にエネルギーを動かすか(どんな感情にするか)を、前もって決める事が
     できる。

     このレベルに達した時、予想外の状況に対しても、同じ選択ができるようになる。

   ○ 村本のコメント

     感情のコントロールについては、エスター・ヒックスの『引き寄せの法則』シリーズに、
     非常に詳しい解説が書かれています。

     すばらしい本なので、ぜひ読んでみて下さい。

(『神とひとつになること』から抜粋)


神とひとつになること 目次に戻る